天才に多いアスペルガー症候群とは?

■ 天才に多いアスペルガー症候群。


有名人や天才に、アスペルガー症候群の人は少なくありません。
織田信長やレオナルドダビンチ、イチロウやガクトも、
坂本龍馬やベートーベンなどもそうだそうです。

有名人だけでなく偉人に多いようです。
私たちの周りにいる「ちょっと変わった人」が
又はすごく優秀な人が、
案外、アスペルガー症候群だったりするかもしれません。

アスペルガー症候群は、
特に治療の必要がなく治療薬もありません。

■ アスペルガー症候群の原因。

アスペルガー症候群は発達障害。
発達障害とは、知覚や認知、運動や言語などの
発達面での障害を言います。

原因については、脳の前頭葉、間脳や小脳、海馬や偏桃体などの
働きが関係していることが分かってきた。

アスペルガー症候群では、家族の間に子供と同じような特性を
認めることが少なくなく、
遺伝の可能性も否定できない。

具体的には、1社会的対人関係を築くのが難しい、
2コミュニケーションがとりにくい、
3活動や興味の範囲が狭くこだわりが強い
という3つの領域の障害を持っている。

 アスペルガー症候群の特徴。

・アスペルガー症候群にみられる特性は、言葉に関連したものが多い。
 言葉をそのまま受け取ってしまったり、
 年上にも敬語を使えずため口を使うなど。

・知的発達や言葉の遅れがないアスペルガー症候群の人の中には、
 子供の頃から大人と話をするのをこのむ傾向があります。

・他人の表情や声の調子、身振りや手ぶりなどのコミュニケーション
 の手段を理解することが出来ない。

・言葉の意味や皮肉が理解できない。
 言葉の裏にある意味を理解できない。

・大声や否定的な言動に、強く拒否反応を示す時がある。
・省略した言葉遣いや、代名詞が理解できない。

・考え方や行動に融通性がなく、自分の規則を人に押し付けてしまう。
・同じ道順や同じやり方に強いこだわりがある。

・同時に2つ以上のことをするのが苦手。
・運動が苦手だったり、スポーツのルールが理解できない。

・記憶することは得意だが、想像することは苦手。
・湯王時間でも集中力は持続する。

■ 職場でのアスペルガー症候群の人に対する対応の仕方。

・職場全体でアスペルガー症候群の共認識を持つ。
・アスペルガー症候群の特性を治そうとしない。

・仕事をしやすい環境にする。
・仕事では叱るより褒める。
・文字や図を使って指示を出す。

・一度に複数の指示を出さない。
・職場でも融通が利かないことを理解する。

■ 特性を知り、アスペルガー症候群の人と向き合う。

・社会性が乏しく、社会や職場のルールよりも
 自分のルールを優先する。
・その場に合わせたお詫びやお礼が言えない。
 人間関係がギクシャクしてしまう。

・コミュニケーションに特徴があり、言動が周囲を傷つけることがある。
・言葉のキャッチボールが苦手なことが多く、
 会話が成立しないこともある。

■ アスペルガー症候群の人の2次障害を防ぐ為に。

アスペルガー症候群の人は、
その特性から様々なトラブルに合ってしまうことがあります。

そのトラブルが原因で、
精神疾患などの2次障害を引き起こす場合もあります。
周囲の理解と支援により、トラブルの発生を防ぐことが出来ます。

参考図書:梅永雄二著「大人のアスペルガー症候群」

スポンサーリンク