ドレナージとドレーン管理。

■ ドレナージの目的。


 ドレナージとは、人の体液の一部を
 体外に誘導し排出することです。
 創傷部や体腔内に貯留する血液、浸出液、気体などを
 体外に誘導・排出させ、
 感染源の除去や減圧を行うことを目的にします。
 目的を果たすために、ドレーンを体内に挿入・留置します。

① 予防的ドレナージ。
 手術などに伴って、血液や浸出液が貯留するような
 スペースが存在し、
 それが感染源になることを避けるために行います。

② 情報的(診断的)ドレナージ。
 術後出血や消化液の漏出を早期に発見する為に、
 貯留物の性状を把握するために行います。

③ 治療的ドレナージ。
 血液、消化液、尿、膿、浸出液などを体外に
 排除するために行います。
 一方、ドレーンからはドレーン先端付近に対しての洗浄、
 薬液注入、造影検査などを行う場合もあります。

■ ドレナージの適応。


 予防的、情報的、治療的にドレナージが必要であると
 判断された場合に行います。

 一般的には、ドレナージすべき部位に体液が存在している、
 または今後において存在する可能性が
 ある時という事になります。

 挿入したドレーンは、必要がなくなったら
 適応外という事になり、直ちに抜去することが重要です。

 無用なドレーンの挿入や必要以上に長期にわたる
 ドレーンの留置は、感染や創傷治癒の遅延を招きます。


■ ドレナージの方法と管理。
1 開放式ドレナージと閉鎖式ドレナージの特徴。
① 開放式ドレナージ。
 ドレーン排出口側が大気に解放された状態となります。
 創部と周辺の浸出液や血液がドレーンによって
 誘導されることを期待して行われます。
 体液はガーゼなどに吸収させます。

② 閉鎖式ドレナージ。
 ドレーンが完全な閉鎖空間の状態になります。
 有利な点は、逆行性感染が発症しにくいことです。
 ドレーンの排液量の正確な測定や観察、
 生化学検査も容易に行えます。

2 受動的ドレナージと能動的ドレナージ。

① 受動的ドレナージ。
 圧較差やサイホンの原理を利用してドレナージを行います。
 フイルム型ドレーンを用いて、細い管上物体の内側の液体が
 管の中を浸透する毛細管現象を利用して
 漿液性浸出液のドレナージを行う方法があります。

 胃液などのドレナージを行う自然の圧較差を利用したものや
 サイホンの原理を利用したものがあります。

② 能動的ドレナージ。
 間欠的あるいは継続的に持続吸引器などを用いて
 陰圧をかけてドレナージを行います。
 ドレナージする圧力を調節できる利点があります。

 吸引器には、低圧持続吸引器や、
 ポータブル持続吸引器、間欠的持続吸引器があります。


 ドレナージに用いられる器具、ドレーンの種類。
 1ドレナージに用いられる器具。
 ドレナージを行う際には、
 体内に挿入・留置するドレーンが必要です。
 目的に応じたドレーンの選択が必要です。

2 ドレーンの種類。
① フイルム型ドレーン。
 シリコン製のソフトタッチのドレーンで、創傷部の浸出液や
 血液をドレーンを通して誘導し、
 ガーゼに吸収させる時に用います。

② チューブ型ドレーン。
 シリコンや塩化ビニールとの合成素材、
 ゴム製などによる管状のドレーンです。

 粘ちょうな浸出液もドレナージでき抜去後の再挿入も可能です。
 胸腔や腹腔のドレナージに使用されます。

③ サンプ型ドレーン。
 内腔が多重構造、複腔構造になっていて、内腔が閉塞しにくく、
 持続吸引が可能です。


    

参考資料:スキルアップ臨床看護技術。

スポンサーリンク