経管栄養法ケアの注意点。

■ 胃チューブの挿入位置の確認は、エア音だけでは万全ではない


これまで、経鼻栄養チューブの挿入位置を確認する場合、
気泡音を聴取すれば胃部に入っていると思われていました。

胃部のエア音聴取による消化管内音と、
肺に誤挿入してしまった場合の肺内音との区別はほとんど
不可能であることが分かり、
そのことによる医療事故も起こっています。

チューブ挿入時及び留置中においては、レントゲン撮影、
気泡音の聴取、
チューブマーキング位置の確認、
胃液の吸引など複数の方法により
確認することとされています(厚生労働省から)

 胃チューブ挿入位置確認の方法


① 挿入時点。
・ X線撮影。
・ 胃液の吸引とPHの測定(胃液として5,5以下であることの確認)
・ 注射器に10mmlの空気を吸い、チューブより注入する。
  その際に両下肺野としんかぶの箇所で気泡音を聞き比べ
  心窩部の音が最も大きいことを確認する。
・ 炭酸ガス濃度を測定する方法もある
  (0mmhgだと胃内に位置している)

② 注入毎。
・ 口や咽頭でとぐろを巻いていないことを確認する。
・ 鼻孔の位置にマーキングが一致しており、
  逸脱していないことを確認する。
・ 胃液を引いて確認。できない場合は体位を
  変えて30分後くらいに確認する。

 

■ 経腸栄養剤は温めない

経腸栄養剤の温度も室温で良いとされています。
下痢を引き起こす要因は、経腸栄養剤の温度よりも
注入速度や浸透圧の方が影響が大きいとされています。

経腸栄養剤を別容器に変えて温めると、細菌汚染のリスクも高まります。
経腸栄養剤の温度が上昇するにつれて、
チューブからの環境ホルモン溶出量が増加するという研究もあります。

 PEG周囲からの漏れで、カテーテル径を上げてはいけない。


漏れの原因は瘻孔が開大することです。
瘻孔開大は、瘻孔にPEGカテーテルの圧が加わり、
圧迫虚血が生じたために発生すると言われます。


■ 瘻孔から栄養剤の漏れ対策。


① PEGカテーテルを腹壁に対して垂直に立てておく。
② PEGカテーテルのタイプ変更。
③ いったん抜去し、瘻孔の縮小を待って再挿入する。
④ 胃瘻部の縫縮。
⑤ 栄養剤の粘度増強・固形化。

・ 絶対にやるべきではない方法。
① PEGカテーテル径のサイズアップ。
② バンバーを締め付ける。


■ PEGカテーテルの慢性期に、Y字ガーゼは挟まない。


ガーゼはいったん濡れると乾きにくく、ガーゼ皮膚炎とも
言える状態を引き起こし、
さらに線維が皮膚や肉芽に付着しやすい。

テイッシュこよりを結んでおく事が推奨さています。

参考資料:今はこうする看護ケア。