大雪対策として備えてよかったカーポート

雪が降ると雪かきが大変な作業になる。

数年前くらいから、雪が降った時の雪かき対策が必要だと思い始めた。

腕や足や腰の筋力が、徐々に弱くなってきている様子なのだ。

年齢が行くのだから筋力低下は自然な現象ではあるけれども、毎年冬になると雪かきをしなければならないので、身体的な老化現象を補う対策が必要だと思った。

スポンサーリンク

雪かき対策のカーポート

それで数年前から玄関前に大きめのカーポートを作った。

これが結構に役立っている。

雪かきをする量が大幅に軽減できた。

 

今年は特に、一晩にして大雪が降ったので除雪車も間に合わず、学校はすべて休校になったくらいだ。

朝になると、それぞれの家で雪かきを始める。スコップで雪かきをする音を聞くと、自分も外へ出なければ、近所の人たちとともに雪かきをしなければ、という思いにせかされる。

 

地域で協力する雪かき作業

どの家でもそうなのだろう。それぞれの家の住民が外へ出て雪かきをし始める。

地域の役員の主だった人たちは、自分のところが大体終わると、一人暮らしの高齢者宅を回って雪かきの手伝いをするのだ。

 

私もカーポートのおかげで、雪かきをする場所が少なかったので、隣の一人暮らしの高齢者宅の雪かきのお手伝いに行った。

私の住んでいるところは田舎であるせいもあるが、助け合いの精神がまだ残っている地域で皆自主的に地域の人たちが協力的して生活している。

 

スポンサーリンク

うれしい学生ボランテイア

地域の人たちが助け合って協力的に生活している地域は、私たちの地域の近くにもある。

そこでは、男子中学生や男子高校生たちが、高齢者宅などを訪れて、雪かきのボランテイアをして回っている。

 

部活の顧問の先生の指導らしいが、高齢者にとってはすごくありがたいことだと思う。

思うようにスコップを持つことができなかったり、足腰の都合の悪い一人暮らしの高齢者宅は結構に増えているのだ。

こんな運動がどんどん広がっていってくれたら、少々雪が降っても安心して生活できる。

とりあえず我が家はカーポートのおかげで助かっている。