ビタミンEは若返り・老化防止ビタミンと呼ばれる

私たちは、ビタミンEさえ摂っていれば体の老化は免れるというイメージがあります。

ビタミンEの錠剤を飲んでみたり、ビタミンE配合のクリームを塗ってみたりしますが、ビタミンEは、本当に老化防止、老化予防になるのでしょうか?

 

ビタミンE(トコフェロール)は抗酸化作用があり、若返りビタミン、老化防止ビタミンと呼ばれています。

 

スポンサーリンク

ビタミンEとは

ビタミンEは細胞膜や脂質に豊富に存在し、脂肪酸より先に活性酸素と結びつきます。

その結果、細胞膜上での不飽和脂肪酸の酸化を防止し、脂肪酸が過酸化脂質に代わることを防ぎます。

血行を良くし、ホルモン代謝を潤滑にします。

活性酸素による体のサビつきを阻害し、老化防止の働きをします。

 

栄養機能表示には

「ビタミンEは、抗酸化作用により体内の脂質を酸化から守り、細胞の健康維持を助ける栄養素です」とあります。

 

ビタミンEの効果は

・動脈硬化を予防

・高脂血症を予防

・糖尿病を予防

・神経疾患を予防

・心疾患を予防

・脳卒中を予防

・老化防止

・がん予防

・更年期障害の軽減

・ひび、しもやけの予防

・冷え性の予防

 

ビタミンが不足すると

ビタミン欠乏症はまれにしかおこらない。

長期にわたる脂肪吸収不全の患者は、肝臓内のビタミンEの吸収が阻害されるため、血漿中のビタミンEの濃度が異常に低くなる。

その結果、筋力が低下したり、神経の伝達がうまくいかなくなったり、網膜の退化などの症状が現れる。

・神経症状(感覚障害、小脳失調など)

・未熟児の溶結性貧血

・糖尿病や心疾患

・動脈硬化や白内障

・アルツハイマーや老化性疾患

 

スポンサーリンク

ビタミンE過剰症とは

ビタミンEの推奨量を守って摂取していれば、ほとんどの場合副作用はなく安全とされている。(※脂溶性だが上限を超えてもまず心配はない)

多量に摂取した場合は

・胃部不快感などの消化器症状

・発疹やかゆみ

・むくみやほてり、

・顔や体の紅潮、

・体力減退や頭痛、

・ぼやけて見える

・出血などがみられることがある

 

ビタミンE摂取時の注意点

・ビタミンK欠乏症の人が摂取した場合、凝血作用が悪化する可能性がある。

・抗凝固剤服用者の場合、ビタミンEの多量摂取によって出血を引き起こす可能性がある。

・400IU/日以上のビタミンEを摂取すると心不全のリスクを増加させる可能性がある。

・網膜色素変性症の患者、血栓のある患者、頭頸部にがんのある患者は摂取を避けるべきである。

 

ビタミンEを多く含む食品

ヒマワリ油、アーモンドなどのナッツ類、モロヘイヤ、ウナギ、たらこ、ニラ、ホウレンソウ、かぼちゃ、シジミ、サツマイモなど。

 

ビタミンのエース(ACE)とは?

抗酸化作用のあるカロチンとビタミンCとビタミンEの頭文字をあわせ、ビタミンのエースと呼ばれる。(※カロチンは体内でビタミンAにかわる)

生活習慣病を予防するビタミンとして注目されています。

 

まとめ

ビタミンEの効能や効果を見ると、いろいろな病気の予防に役立っていることがわかります。

生活習慣病にはなくてはならない存在のようです。

ビタミンEを摂取しても、副作用は一般的にはなさそうです。

ナッツ類や野菜などで摂取し、生活習慣病を予防していきたいです。

 

参考資料:サプリメント機能性食品事典

豆知識
スポンサーリンク
退職まぢかの看護師のブログ|疾患別の看護計画の例です