チョコレートにはどんな効果があるの?

女子はチョコレートを好きな人が一般的に多いです。

チョコレートにもいろいろありますが、体に良いチョコレートとよくないチョコレートはあるのでしょうか?

スポンサーリンク

チョコレートの効果について

チョコレートには、アンチエイジング、血圧低下や老化防止の効果があるそうです。

どれくらいの量を摂取すると効果が期待できるのでしょうか?

どんなチョコレートが体に良いのか、どんな効果をもたらすのか調べてみました。

 

チョコレートに含まれる成分の効能は?

成分には、たんぱく質、脂質、糖質、食物繊維、ミネラル類、カカオポリフェノール、テオプロミンなどがあります。

カカオポリフェノールはカカオ豆に含まれるポリフェノールのことです。

 

カカオポリフェノールの効果には血圧低下や動脈硬化予防、老化防止や虫歯予防などがあります。

カカオポリフェノールには抗酸化作用がありますから、その働きにより血圧低下や動脈硬化を引き起こすリスクを下げることができるのですね。

 

また抗酸化作用には老化防止の働きもあります。

抗酸化作用は活性酸素から肌を守る働きをしますから、シミやしわなど肌のトラブルも防いでくれます。

 

カカオポリフェノールにはまた殺菌作用があります。

殺菌作用は、虫歯菌の働きも軽減してくれます。

食物繊維は便秘予防になります。

テオプロミンにはリラックス効果があります。

 

スポンサーリンク

体に良いチョコレートとは?

カカオポリフェノールが多く含まれているブラックチョコレート化ミルクチョコレートです。

 

チョコレートは1回にどれくらいの量を食べればよいの?

1日に5~10グラムのチョコレートが生活習慣病に良いと言われています。

1日に摂取するチョコレートの量は最大35グラムまでです。(板チョコなら7分目ほどです)

 

ポリフェノールは1日に200~500ミリグラム摂取するのがよいそうです。

(ミルクチョコレート50グラムはポリフェノール354ミリグラム含有です)

 

カカオポリフェノールは水溶性で体内に入って約30分ほどで効果が出ます。

ポリフェノールの効果は2~3時間しかありません。

 

チョコレートの効果を維持するためには、少しづつ分けて食べることが大切です。

板チョコ7分目を1日に5回ほどに分けて食べるとよさそうです。

 

チョコレートを食べ過ぎると?

チョコレートには糖質も含まれています。

いくらポリフェノールに殺菌作用があるといっても、虫歯予防のためには食後の歯磨きが必要です。

 

食べすぎは肥満のもとになります。

チョコレートにはカフェインも含まれているので、子供や妊娠中の人は摂りすぎに注意しましょう。

ホワイトチョコレートにはカカオポリフェノールの含有量は少ないです。

 

まとめ

板チョコを購入すると、すぐに1枚ぺろりと食べてしまいますが、それではだめですね。

1日に摂取するポリフェノール量やチョコレート量最大35グラムなどを考えると、板チョコ1枚では多すぎますね。

 

また水溶性のポリフェノール効果が短時間しか持たないことを考えると、少量づつ分けて摂取することがベストのようです。

 

チョコレートからポリフェノールを摂取するのは簡単なようで意外と難しそうです。

意志を強く持たなければ、チョコレートの甘い誘惑に負けて食べ過ぎてしまいそうです。