尿道留置カテーテルの留置期間

一度医師の指示でバルンカテーテルを留置してしまった患者さんは、その疾患や症状にもよるが、なかなかバルン留置介助になりにくい。

スポンサーリンク

尿層留置カテーテルを短期間で抜去することを、意識している事が必要

状態が良い方向へ向かったとしても、医師はバルンを留置していることを忘れているか、留置をしていてもそれほど意識していない事が多い。

医師よりも看護師の方が、留置カテーテルによる感染症などの予測をし心配していることが多いのかもしれない。

看護師からの報告を受けて医師は尿道留置カテーテル介助の方向を見てくれるような気がする。

担当の看護師が留置していることを忘れずに感染リスクの意識を持つ必要がある。

なるべく留置カテーテルを短期間で早く抜去できるようにすることを、頭に置いておかなければならない。

 

尿道留置カテーテルは必要な時・必要な期間だけ留置

尿道留置カテーテルの挿入・管理・抜去については、泌尿器科領域に問題がない場合、看護師が判断し対応することが多い医療処置です。

挿入の指示はあっても抜去の指示がないことから長期間挿入されることがあります。

CDCガイドラインでは「適切な適応に限りカテーテルを挿入して、必要な期間だけ留置する」とあり、易感染患者へのカテーテル使用、失禁管理の為のカテーテル使用、手術患者へのカテーテルなどを控えることを勧告しています。

 

スポンサーリンク

①尿道留置カテーテルの適応と不適切な使用例を確認する。

尿道留置カテーテルの長期留置の原因の一つとして知識が不足していることが挙げられます。適応かどうかについて常に確認することが大切です。

尿道留置カテーテルの適応。

・患者に急性の尿閉または膀胱出口部閉塞がある。

・重篤な患者の尿量を正確に測定する必要がある。

・特定の外科手技の為の周術期使用:泌尿生殖器の周辺構造で泌尿器科手術または他の手術を受ける患者。長時間の手術が予測される患者。

術中に大量の輸液や利尿剤の投与が予測できる患者。尿量の術中モニタリングが必要な患者。

・尿失禁患者の仙骨部又は会陰部にある開放創の治癒を促すため。

・患者を長期に固定する必要がある。

・必要に応じて終末期ケアの快適さを改善する為。

尿道留置カテーテルの不適切な使用例。

・尿失禁のある患者の看護ケアの代わりとして使用。

・患者が自排尿できる時に検査の為に採尿する手段として使用。

・適応が認められない場合の術後長期間の使用。

 

②抜去の為のフロシートを活用する。

臨床現場ではカテーテルが留置されていることを担当の医療従事者が気に留めていないこともあります。

看護師が目先の業務にとらわれカテーテルを早期に抜去することに関心を示さない事、知識が不足し積極的に判断できないことがカテーテルの不要な長期間留置の要因になっています。

フロシートを用いカンファレンスを活用し定期的に評価する流れを日常業務に組み込むことで、抜去について習慣的判断・実施することが出来ます。

感染のリスクを低減させ患者のQOLくぉ向上する為に、あるいは医療者側の利便性だけでカテーテルを使用することを避けるために、日常業務で工夫しましょう。

 

③エビデンスの有るケア。

・適切な場合に限り尿道留置カテーテルを挿入して、必要な期間だけ留置する。

・尿道留置カテーテルの適応と不適切な使用例を確認する。

・カテーテル抜去の為のフロシートを活用する。

 

   参考資料:ここが変わった看護ケア