腰痛としびれの症状は椎間板ヘルニア

腰痛の他に、下肢のしびれなどの症状が現れた時にはヘルニアかもしれませんね。重いものを持つ仕事の人にとって、椎間板ヘルニアは職業病にもなりかねません。

スポンサーリンク

腰痛としびれの症状は、椎間板ヘルニア

看護師の仲間にも椎間板ヘルニアのせいで定年前に退職していった人がいます。無理な体動をしなければ腰痛も軽減しますから、自分の健康を考えると退職を選択することも間違いではないでしょう。

手術をしてもまた同じ症状を繰り返し、再度手術をしたのに、それでも腰痛が軽快しなかった看護師もいます。手術が最後で最善の方法とは言い切れない場合もあるのですね。

 

腰痛に加え、しびれもある椎間板ヘルニア

①20~40歳の働き盛りと高齢者に増加。

・体の組織の一部が、本来ある場所から外に飛び出す症状がヘルニアです。椎間板ヘルニアは腰椎の椎間板が元の場所からはみ出し、その後ろを走る神経を圧迫している状態です。

・椎間板ヘルニアは無症状の人でも腰のMRIを撮影すると見つかることがしばしばあります。また、検査で椎間板ヘルニアがあると診断されても、症状がなければ治療の必要はありません。

 

スポンサーリンク

②加齢で椎間板の強度が低下、はみでた髄核が神経を圧迫。

・椎間板ヘルニアは腰椎の椎間板の繊維輪と言う組織に亀裂が生じ、その内側の髄核と言う組織が背中側にはみ出た状態です。

・最大の原因は加齢による椎間板の強度の低下と言われています。他にも喫煙などの生活習慣や遺伝的な因子も関係するとされています。若年者のヘルニアは遺伝傾向が強いと言われます。

 

③片側の足にしびれや痛み、排便や排尿障害も。

・椎間板ヘルニアを発症した人の最も多い訴えに、足のしびれと痛みがあります。繊維輪から飛び出した髄核が神経根を圧迫し、坐骨神経痛を起こしている為です。坐骨神経痛が生じると、片側の下肢全体に強い違和感やしびれ、痛み、脱力感などを伴うのです。

・ヘルニアが巨大な場合には、馬尾神経に障害を与え排便障害や排尿障害を生じることもあります。この場合は緊急手術が必要です。

・椎間板ヘルニアが認められても神経障害のない人は、痛みを感じないまま自然に治っているケースも少なくありません。

 

④自然治癒に期待する保存的療法が治療の主体。

・椎間板ヘルニアの治療には保存的療法と手術療法があります。手術療法のイメージが強いのですが、椎間板ヘルニアは自然に回復する場合が殆どです。

・手術をしない理由の一つはヘルニアの自然吸収があるからです。自然吸収とは、飛び出た髄核が体内の自然に吸収される現象です。

・このため一般的な椎間板ヘルニアの治療は症状に応じて薬物療法、神経ブロック注射、温熱療法、牽引療法、運動療法などを組み合わせた治療が行われます。このような治療を3ヶ月施行しても改善が認められない時には、早く痛みを取り除くために手術が行われます。

 

⑤痛むときは鎮痛剤を服用し無理を避けて安静にする。

・腰が強く痛む場合は、無理をせず安静にして鎮痛薬を服用しコルセットで固定して無理をしないようにしましょう。椎間板ヘルニアが治るにはある程度の期間がかかることを理解し、焦らないことも大切です。

 

参考資料:「辛い腰痛膝痛」