更年期症状(頭痛)のケアについて

頭痛は更年期女性ばかりの症状ではありません。多くの疾患の症状の一つですから更年期症状だという事を決めつけるのには、他の根拠も必要ですね。

スポンサーリンク

頭痛は多くの疾患の症状でもあるから、安易に考えないで

しかし女性ホルモンの関係から頭痛が出現することも確かな事です。

「若いうちから頭痛持ちだ」「頭痛の持病がある」という人がいます。

そのような人は絶えず頭痛薬などを持ち歩いています。

ホルモンバランスの良くない人かもしれません。頭痛はうつ病の症状の一つでもあります。

安易に考えて、症状を悪化させたり長引かさせることの無いように、なるべく症状を軽減できる方法を実践すると良いでしょう。

 

更年期症状とケア・頭痛

①症状

女性ホルモンが少なくなると脳内セロトニンやノルアドレナリンの代謝に影響する為、脳を流れる血液も滞るようになります。

その結果痛み物質がたまって頭痛が起こりやすくなります。

一般的に更年期に多いのはズキズキした拍動を感じる片頭痛です。

生理前後に特に痛むという人もいます。

頭が重く感じられる、締め付けられる緊張性頭痛は肩こりが影響することもあります。

 

②こんな病気もある

頭痛をよく観察していると生理痛や天気が下り坂の時など、おこりやすい条件が分かってきました。

突然激しい頭痛が起きたりいつまでもなpらないときには要注意です。

高血圧の人もいつもと違う頭痛には注意が必要です。

 

③症状の緩和とセルフケア

ズキズキは冷やし、じわじわは温める:おでこやこめかみに温かいタオル、又は冷たいタオルを当てると楽になることがあります。見極めは痛み方。ズキズキ痛むなら冷やして、じわじわ痛むのなら温めます。

朝の散歩でスッキリさせる:更年期の頭痛には冷えも影響。朝の散歩を習慣にしてみましょう。

気持ちもリラックスして血のめぐりも良くなるので上半身に余分なエネルギーが上がりにくくなります。その結果全身のバランスが取れてくるので冷えも改善されやすくなります。

頭をやさしくマッサージ:マッサージのポイントは頭から首にかけて表皮が動く程度に軽くさするようにすること。オイルをつけると滑りが良くなります。イライラする時にすると頭痛の予防にもなります。片頭痛の時にマッサージをすると痛みが増して逆効果になることもあります。

サプリメントを服用する:頭痛対策としてサプリメントを使用する方法もあります。神経の緊張をとるビタミン群や血行を良くして痛みを改善するビタミンE,頭痛を和らげるハーブとして古くから利用されてきた「フイーバーフュー」もお勧めです。

 

スポンサーリンク

サプリメントと共に食材も摂取

女性ホルモンが低下することで様々な症状が出現する。

それらの症状を緩和しまたは軽減する為に、様々なサプリメントが市販されている。

サプリメントを利用するのも良いが、それだけに頼るのではなく有効な食材をみつけ食事として摂取しても良いだろう。

女性ホルモンに似た作用をするイソフラボンなどを多く含む食材(納豆や豆腐、豆類、みそしるなど)を上手く摂取しても良い。

 

女性ホルモンを補うサプリメント

女性ホルモンの減少を補い体調を整える機能性サプリメント。

 

①大豆イソフラボン

イソフラボンはエストロゲンに似た作用があると言われ、ホルモン調節作用や更年期障害、月経前症候群(PMS)の緩和や、骨粗しょう症などの予防、動脈硬化の予防にも良いと言われています。

サプリメントでとるときには安全な一日摂取上限量として、大豆イソフラボンのうち吸収の良いアグリコン型として30mgが設定されていますので、過剰摂取にならないように気をつけましょう。

 

チェストツリー

チェストツリーはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の生成比を正常にし女性ホルモンのバランスを整える働きがあると言われています。

ヨーロッパでは月経前症候群(PMS)改善の医薬品として1日4mg前後が処方されています。

 

③マカ

アンデスの高地4000mで約2000年前から栽培され、ペルーでは民間治療薬として年齢を問わず食されています。またその長い経験から妊娠・授乳中の人、子供にも副作用がないことが明らかになっています。

また不妊治療にもその働きが期待できると言われています。内分泌腺や機能向上に働きかけ、疲労回復やホルモンバランスを整える働きがあると言われています。

 

④ローヤルゼリー

働き蜂が女王蜂の為に作る特別な食べ物でアミノ酸、ビタミンB群、ミネラルなどの栄養素が豊富にバランスよく含まれている総合的な栄養補助食品です。

自律神経とホルモンの中枢である間脳に働きかけ、それらのバランスを整えると言われています。アレルギーを持っている人は摂取を控えましょう。

 

⑤ブラックコホシュ

更年期症状(ほてり、多汗、精神症状、神経過敏、神経質、睡眠障害、抑うつ気分)に対する総合的な改善が認められている成分です。

北米先住民が長年、鎮痛や不妊など女性特有の疾患に用いてきたハーブです。

1950年以降、更年期障害の治療に用いられています。

肝機能が気になる人は摂取を控えた方がいいでしょう。

 

 

  参考資料:「40歳からの女性ホルモンの高め方」