大学病院勤務看護師の仕事とメリットについて

大学病院の看護師のメリットはとても多いです。

以前大学病院に勤務していて退職してしまった私にはメリットがとても多く見えて退職してしまったことを後悔したこともあります。

スポンサーリンク

 大学病院勤務の看護師のメリット

何を後悔したかというとやはり給料です。大学病院看護師給料は公務員扱いで等給により基本給が異なります。

長く勤務しているとドンドン給料が上がり定年退職するまで働くと一生リッチな生活が出来ると思います。

その点が最も後悔するところです。

大学病院の敷地内には保育所もあったために職場と保育所が近くて便利で安心でもありました。

また大学病院内ではスーパーや銀行、郵便局や美容院、喫茶店など生活に必要な施設がありますから、遠くまで出かけなくても済むのです。

独身の時には寮生活ですがそれも経済的に恵まれていて、今から思うとありがたかったです。

大学病院に転職希望する看護師は看護師転職サイトに登録して、紹介してもらって就職すると勤務条件や給料の条件などが有利になるでしょう

。転職しなくても、仮に登録して調べてみても良いでしょう。

 

大学病院勤務の看護師のデメリット

大学病院の看護師は勉強も多くしなければならないです。

そのような環境を与えられるので、意欲を持って看護師として働く人にとってはとてもやりがいのある良い環境です。

一般の病院勤務よりも、研修に参加する機会が多いです。

それが大学病院勤務の看護師のメリットでもありデメリットでもあります。

どちらと受け取るかはそれぞれの看護師次第です。

しっかり勉強をして看護師としてのスキルを高めたいという看護師にとっては、とても適した職場です。

反対に、勉強や研修は苦手だという看護師にとっては適していないかもしれません。

 

 [ad]

大学勤務の看護師に向いている人

大学病院が子育てに適していると考える人と、子育てに向いていないと考える人に分かれるでしょう。

保育所などがすぐそばにあることはとても環境が良いと言えます。

しかし夜勤や日曜出勤が常勤で勤務する時に免除されるわけではありません。

その場合パートなどのできる職場に勤務する方が環境が良いと考える看護師もいます。

それぞれの看護師の家族構成によってもも異なります。

子育てする看護師に両親が同居している場合には大学病院はとても環境が良いと言えます。