デイサービス看護師の仕事内容とメリットについて

デイサービスは在宅で療養している高齢者を、日中だけ預かる施設です。

高齢者はリハビリや入浴、食事やレクレーションなどを他の利用者と共に行うことが出来ます。

スポンサーリンク

デイサービス看護師の仕事

デイサービスを利用することで、高齢者は自宅で毎日を過ごすよりも集団の中で精神的にも肉体的にも活性化させることができます。

また高齢者を在宅で介護している家族も、高齢者がデイサービスで過ごす時に心身のリフレッシュなど休養をとることが出来ます。

そのような施設にも看護師の仕事はあります。

 

デイサービス看護師の役割

デイサービスでの勤務は、病院で忙しく勤務していた看護師にとっては当然ですが、全く別の職場です。

夜勤はありませんからそれだけでも肉体的に楽です。

患者さんは普段医療機関ではなく在宅に居るので、緊急の処置を必要としない人が殆どです。

デイサービスにリハビリやレクレーションをする為に毎朝やってくるのです。

デイサービスで働く看護師は、そんな高齢者の人たちの健康状態をチェックします。

一日を無事に過ごすことが出来るように援助するのです。

利用者のバイタルチェックをして以上の早期発見に努める仕事はしますが、病院勤務の看護師のような医療的行為は本当に少ないです。

医療業務が少ないために看護師の人数も少なく、看護間での人間関係のもめ事も無くなるでしょう。

職場にもよりますが、他のスタッフとともに食事の介助やレクレーションなどの参加する所もあります。

生命の危機に直接携わることがないので、精神的に疲労することも少なくなります。

夜勤業務がなく日勤ばかりの勤務ですから、生活スタイルが乱れることなく規則正しい生活を維持しやすいという利点があります。

 

スポンサーリンク

 デイサービス看護師のデメリット

仕事が単調で医療行為も少ないために、看護師の仕事として物足りなく感じる人もいます。

医療に関わっているというよりも、利用者の生活を援助しているという感覚の方を強く持つかもしれません。

患者さんを看護するという本来の看護師の仕事と少し離れているので、看護師業務が出来なくて寂しい気持ちになる人もいるでしょう。

人によっては、絶えず進歩している医療から取り残されてしまうような感覚になるかもしれませんね。

デイサービスの仕事が楽で単調な為に、再び病院勤務になった時に他のスタッフについていくことが出来るか不安になるという人もいます。

 

デイサービス看護師に向いている人

潜在看護師のように看護師の資格は持っていても、病院などに勤務していなかった看護師もいます。

再就職をしようと考えた時にはデイサービスなどに就職すると、簡単な業務から少しずつ看護師の仕事に慣れていきやすいかもしれません。

また子供が小さくて夜勤業務ができないという看護師もデイケアセンターであれば日勤ばかりなので、家庭と仕事の両立がしやすいでしょう。

ネットの看護師転職サイトなどに登録しすると、無料で自分に適している職場を探すことが出来ます。

これから転職しようと考えている人や、どんな職場があるのか情報だけでも知りたいという人は早速ネットの看護師転職サイトに登録してみると良いでしょう。