訪問看護看護師の仕事とメリットについて

「在宅で過ごしたい」という患者さんはとても多いです。どんな患者さんでも「家に帰りたい」といいます。

末期を自宅ですごしてもらい家族で見とりをしたいと考える家族もいます。少ないのですが、環境さえ整えば患者さんを退院させて自宅に連れて帰る人もいます。

スポンサーリンク

訪問看護看護師の仕事

病気の患者さんを在宅で介護しようとする時、家族に信念と覚悟がなければ続かないでしょう。一人の家族だけではできないことですから、家族間の協力も必要になります。

 

そんな患者さんや家族をサポートするのが訪問看護師の仕事です。看護師としてのやりがいもあり、力量が試される仕事でもあります。

 

訪問看護師のメリット

病院勤務の看護師はチームケアで仕事をします。スタッフ全員で同じレベルの看護ケアを提供するのです。患者さんに対する看護の責任はチームで分散されます。

 

しかし訪問看護の仕事は、全ての行為が一人の訪問看護師の責任になります。能力がある看護師は自分の力量を試すチャンスになります。

 

病棟経験が長く経験豊富な看護師であれば、それぞれの患者さんの対応に困ることもないでしょう。

コミュニケーション能力があれば、家族や患者さんと信頼関係を持つことが出来、安心感をもって在宅療養をしてもらうことが出来ます。看護師によってはとてもやりがいのある仕事だと感じることが出来るでしょう。

 

訪問看護師のデメリット

余り病棟勤務が長くなく経験に乏しい看護師にとっては訪問看護師の仕事は負担になるかもしれません。

 

責任感が強い看護師にとっては、能力不足をより深く感じることになるかもしれません。自分一人で患者さんに対応するのですから、病棟勤務のようにチームで協力してケアをすると言うのとは違います。自分が行っただけの結果が出ます。

 

頑張れば患者さんや家族から信頼が得られます。しかし間違ったことをすると一度に信頼は消えてしまうのです。やりがいはありますが難しい仕事でもあります。

スポンサーリンク

訪問看護師に向いている人

自分の看護師としての能力に自信がある人や、看護師の仕事の経験が長くどんな症状にも対処していけるような人は訪問看護師としても優秀でしょう。

 

能力を発揮して在宅で頑張る患者さんや家族をサポートしていけるでしょう。仮にまだ経験が浅かったとしても、勉強熱心な看護師であれば大条辺です。

 

その都度勉強して対応していけば良いのです。行ったことは結果になって現れます。努力は実を結ぶように患者さんからの信頼を得、やりがいがあり充実した、訪問看護師の仕事を続けることが出来るでしょう。

 

訪問看護師として働く場合は、訪問看護師センターなどに登録しなければなりません。自分に適している職場を選択する時に、アドバイスしてくれるのが看護師転職サイトです。早速ネットで登録して情報をチェックしてみませんか。