看護師バイトの仕事とメリットについて

看護師不足のせいで看護のアルバイトを募集している医療機関や施設なども多くあります。

私の勤務している病院でも病棟勤務のアルバイト看護師がいます。

アルバイトの看護師は、1か月先の自分の勤務したい日を看護師長に伝えておきます。

自分の希望するその日が勤務日になるのです。

 

スポンサーリンク

看護師バイトの仕事

バイト看護師は自分の希望を入れることが出来ます。

半日を希望する時には前もって病棟看護師長に伝えておけばよいのです。

バイト看護師の時給は1300円ほどです。

どう見ても常勤の看護師よりも待遇が良さそうなのです。

人手不足を補ってくれるアルバイトですから待遇が良いのも当然かもしれませんね。

 

しかし、アルバイトの待遇がどの職場も同じように良いかというとそうではないです。

職場によって給料や勤務時間なども異なりますし、どの程度自分の希望を取り入れてくれるかという事なども異なります。

アルバイトをする場合には仕事内容や給料などが、自分の期待に沿うものか否かを調べてから酒食すると良いでしょう。

アルバイトについても看護師転職サイトや求人サイトなどで探すことが出来ます。

 

看護師バイトで勤務するメリット

それぞれの看護師の家庭での立場はバラバラです。

独身の看護師は十分仕事に専念できますから常勤で大丈夫です。

家庭を持っていて子育て中の看護師の場合、両親と同居している看護師の場合は子供の世話に関して援助を受けることが出来るので常勤でも働くことが出来るでしょう。

 

しかしシングルマザーの看護師もいますし、結婚していても夫が単身赴任で不在中の看護師にとって、常勤での勤務が無理な場合もあるのです。

看護師はバイトでもパートでも募集していますから生活に合わせた勤務形態を選択することが出来ます。

アルバイトであれば子供と触れ合う時間を十分作ることが出来ます。

看護師の時給は一般の女性と比較しても安価ではありませんから、夜勤をしなくても生活できる給料を得ることが出来るでしょう。

 

スポンサーリンク

看護師バイトで勤務するデメリット

アルバイトで勤務するときには、常勤のスタッフとは異なり責任の重さが違います。

全体的な責任を持たされることはありません。

 

自分の行った仕事に対する責任はどの看護師も同じようにあるのですが、リーダー的な責任をとることは無いのです。

それだけスタッフや患者さんから得られる信頼は少ないかもしれません。

また業務改正や仕事の流れなどについてチームで決めなければならない事項がある時でも、アルバイトという理由で意見を聞き入れてもらうことができないという事があるかもしれません。

しかし、これらはアルバイト勤務をしている看護師にとって当然であり仕方がないことでしょう。

仕事内容も責任を持つことが少ない業務内容を任されることが多いです。

患者さんに急変がある時でも、勤務時間が終了した時点で、後は他のスタッフに任せて帰宅することが出来るのですから仕方がありません。

 

アルバイトに向いている看護師

常勤ではなくアルバイト勤務を選択しなければならない看護師もいます。

それぞれの看護師の家庭の事情によって、止むを得ずアルバイトをしている看護師もいます。

 

看護師の仕事に一生懸命で思い入れの強い看護師の場合にはいい加減な仕事はできませんから、アルバイトは向いていないでしょう。

 

仕事と家庭とを割り切って考えることが出来る人が向いています。

仕事を全てと考えるタイプの人には、いくら家庭の事情が許さないとはいえアルバイトには不向きでしょう。