産婦人科の看護師の仕事とメリットについて

産婦人科勤務でも病棟勤務とクリニックの勤務があります。

産婦人科の場合は産科と婦人科にの診療科を合わせて産婦人科になります。

 

患者さんは産科を受診したい患者さんと婦人科を受診したい患者さんに分かれることになります。

つまり、産科を受診したい人と婦人科を受診したい人が同じ診療科を受診するのです。

スポンサーリンク

産婦人科の看護師の仕事

産科を受診する患者さんはこれから子供を出産するのですから、将来に希望や喜びを持っているのです。

しかし婦人科の場合、婦人科疾患の治療の為に受診するのですから、希望や喜びといった感情をもっている人は多くは無いでしょう。

 

産婦人科に勤務する看護師は女性が殆どです。若い看護師であれば、将来自分の人生上で知識として知っておきたいことなどを習得することが出来ます。

 

年配の看護師であれば、すでにいろいろな経験をしていますから患者さんの立場になり接することができやすいでしょう。

 

産婦人科の待合室では、不妊治療の為に受診する患者さんが、これから出産をする患者さんの隣に座ることもあるのです。

忙しい仕事の中でも、患者さんの気持ちを察することを第一に考えたいですね。

 

 

産婦人科勤務のメリット

これから結婚し出産を経験するという若い看護師も産婦人科に勤務しているでしょう。

出産前の患者さんに多く接することで、将来自分が出産する時の参考に出来ることも多く学ぶことが出来るでしょう。

新生児の扱い方や育て方なども覚えておくと良いですね。

 

また不妊治療の為に産婦人科外来を受診する女性も少なくなのですから、そんな患者さんに接することで、看護師も人間的に成長することが出来るでしょう。

 

婦人科疾患の末期の患者さんも婦人科を受診します。

患者さんの苦痛を緩和する為にケアをするのですから、同じ産婦人科でも、患者さんによってケアはすごく異なります。

幅広く知識を身につけることができますし、コミュニケーション能力も自ずと高まります。

 

スポンサーリンク

産婦人科勤務のデメリット

産婦人科病棟には、産科の患者さんと婦人科の疾患の為に治療をする患者さんが混合で入院しています。

産婦人科病棟の場合には、産科の患者さんと婦人科の患者さんをなるべく遠ざけるように工夫をしている所もあります。

 

妊娠が出来ないで治療をしている患者さんと、出産して喜んでいる患者さんの病室を近づけるのは気の毒すぎます。

 

看護師は喜んでいる患者さんと接する時には、そのように接し、そうでない患者さんに対しては、患者さんの感情に似た気持ちで接することが必要です。

 

産科には助産師が勤務しています。

看護師が勤務する時には助産師の指示に従う事になりますから、そのことを踏まえて就職すると問題は無いでしょう。

 

出産はいつやってくるかわかりませんから時間外勤務もあり得ます。

「こんなはずではなかったのに」という事の無いように仕事内容などを事前に調べておくと良いですね。

 

 

産婦人科勤務に向いている看護師

「子供の出産に立ち会いたい」「新しい命の誕生に立ち会いたい」「その為の仕事がしたい」と考えている看護師もいます。

 

その場合は産科がぴったりですね。自分の希望に沿った充実した仕事をすることが出来るでしょう。

出産と言っても正常分娩ばかりではありませんから、看護師は母親である患者さんを支えることに、精神的に疲れてしまったりストレスを抱えてしまうこともあるでしょう。

 

悪阻で苦しむ人や妊娠中毒症で苦しむ人や不妊治療に苦しむ人がいます。

また婦人科疾患の末期の人も入院しているのです。

 

精神的にも肉体的にも大変な時の患者さんを支えるのは、看護師の仕事でもあります。

一人一人の状況や症状、環境に合わせたケアをしていきたいものです。