月経困難症と月経前症候群(PMS)について

スポンサーリンク

婦人科疾患・月経困難症と月経前症候群(PMS)

1月経困難症

月経痛は最も多い症状です。

下腹部の痛みや重苦しさをはじめ、腰痛や頭痛、吐き気やイライラ感などが現れます。

軽度であれば万台ありませんが寝込んでしまうほどであれば月経困難症と言い治療の対象になります。

月経困難症には器質性月経困難症と機能性月経困難症があります。

 

 

①器質性月経困難症。

器質性月経困難症のなる原因となる代表的な疾患には、子宮内膜症や子宮筋腫などがあります。

どちらも30代から40代にかけて多い病気ですが、最近では20代からの発症が増えています。月経痛が急に強くなった場合にはこれらの疾患が疑われます。

また強度の子宮後屈や子宮前屈、子宮頚管が狭すぎることbなども原因になります。

症状を消失させるには原因疾患の治療が必要です。

 

②機能性月経困難症

機能性月経困難症は20歳前後の若い人に多く見られます。

子宮内膜が剥がれる時にプロスタグランチンという物質がつくられます。

成熟しきっていない世代ではプロスタグランチンが過剰に産生される結果、子宮収縮が強く起こってしまいます。

このような痛みは鎮痛剤である程度抑えることが出来ます。

また心理的なストレスが影響していることもありますが、その場合には精神安定薬などが処方されます。

 

[ad]

2月経前症候群(PMS)

月経前症候群は月経の前に現れる様々な症状の総称です。

原因は分かっていませんが排卵がきっかけになることから、ホルモン状態の変化が関係していると考えられます。

 

月経前症候群の症状は160種におよぶといわれ、現れ方は人それぞれに異なります。主な症状は3つに分かれます。

乳房のはりや下腹部痛などの身体症状と、イライラ感や憂鬱感などの精神症状、整理整頓をしたくなったり掃除をしたくなるなどの社会的症状の3つです。

 

多くの症状は月経の1週間くらい前から現れ、月経開始と共に消失します。

このため月経との関連性について気付きにくいこともあります。

日常生活に支障をきたすようであれば月経前症候群が考えられます。

 

記録をとって確かめると良いでしょう。症状のセルフケアで軽減することができます。

具体的には、糖類やカフェインや水分を控える事、適度な運動をすること、自分に合ったリラクゼーション法を実施するなど生活改善をすると良いでしょう。

それでも改善しない場合は病院を受診すると良いでしょう。生活指導や薬物療法などが行われます。

 

自分のPMS症状を知ることで気が楽になることがあります。

病気ではないかと心配することなく、その時期を趣味やスポーツに当てると良いです。

無理せずにリラックスして過ごすと良いでしょう。

 

参考資料:「おなかから元気になる本」