経鼻経管カテーテルの挿入と管理

経鼻経管カテーテルの挿入と管理

スポンサーリンク

経鼻経管カテーテルの挿入をする

 ①経鼻経管カテーテルの挿入に必要物品を準備する。

  ・ 経鼻カテーテル(号数を確認)
  ・ キシロカインゼリー。
  ・ ガーゼ。
  ・ 固定ケープ。
  ・ 確認の為の聴診器。
  ・ 確認の為のカテーテルチップ(エアーを入れるもの)
  ・ カテーテルジョイント・コネクター
   (カテーテルを閉鎖しておくもの)
   (カテーテルについていて必要なければよい)

  ②患者さんを確認し、説明し承諾を得る。

  ・ 患者さんの氏名を答えてもらい確認する。
   ・ ネームバンドを確認する。

 ③挿入に適した体位をとる。

  ・ 座位またはベッドを挙上する。
  ・ 誤嚥予防の為に頸部を軽く前屈させる。

 ④経鼻胃管カテーテルの挿入の長さの目安を見る。

  ・ 挿入する経鼻カテーテルの長さは、
   剣状突起から耳たぶまでと、耳たぶから鼻尖までが目安。
  ・ 成人では約55センチだが、
胃内に留置するように10センチほどプラスする。
  ・ 65センチから70センチが目安。

 ④経鼻カテーテルの先端にゼリーをつける。

  ・ ガーゼにゼリーをとり、カテーテルの先端にゼリーをつけて挿入する。

 ⑤頸部を軽く前屈させ嚥下を促しながら胃までカテーテルを進める。

  ・ 患者さんに唾をのむことを促し嚥下時に
   カテーテルを挿入するようにする。
  ・ 嚥下運動に合わせて管を胃まで入れる。


[ad]

 ⑥口を開けてもらい、カテーテルが口内でとぐろを巻いていないか確認する。

  ・ 頸の向きや角度を調節することで、 挿入しやすくなる場合もある。
・ 例えば、右の鼻腔から挿入する場合、 頸部を左に向けると、
   下咽頭の左は狭く右は広くなるので 咽頭の右側に入れ易い等。

        ・ 口腔内に管が停滞していたら、 カテーテルを引き抜いて再度挿入する。
  ・ 咳嗽や呼吸困難が出現したら、 気管内に誤挿入されている可能性がある。
   抜去して呼吸を整えてから再挿入する。

 ⑦経鼻胃管カテーテルを鼻腔から咽頭まで挿入する。

  ・ 鼻先を押し上げるようにして、咽頭まで挿入する。
  ・ 最初に抵抗がある時はいったん止める。
   そのまま行くと出血することがある。
  ・ 鼻中隔湾曲症や鼻腔に狭窄のある時は、 反対の鼻腔から挿入する。

 ⑧経鼻経管カテーテルの先端の位置を確認する。

   確認するには2通りの方法がある。
   他にレントゲンで確認する方法もあるが看護師には実用的でない。

  ・ 一つ目:
   経鼻経管カテーテルにカテーテルチップを接続し、胃内容物が吸引できるか確認する。
   胃内容物が吸引出来たら、 カテーテルの先端が胃内に到達できている。

  ・ 二つ目:
 経鼻経管カテーテルにカテーテルチップを接続し、胃の中に空気を入れてみる。
   聴診器を胃の部分に当てて、気泡音がするか確認する。

 確認の方法は各病院で異なります。
 私の以前勤めていた病院では、1つ目の方法でした。
 現在勤務している病院では、二つ目の方法を用いています。

 ⑧経鼻胃管カテーテルの挿入位置が動かないように固定する。

  ・ 固定用テープで管と鼻とを固定する。
  ・ 鼻腔の周りや鼻翼を圧迫しないようにする。
  ・ 自己抜去予防の為に、管が患者さんの目になるべく触れないように固定する。
  ・ テープを貼る前に皮膚の汚れを落とす。
  ・ 固定テープは定期的に貼りかえて皮膚の観察をする。  

    
       参考図書:「臨床看護技術ガイド」他。

タイトルとURLをコピーしました