消化管出血時の看護計画

消化管出血時の看護計画

スポンサーリンク

消化管出血の看護目標

  •  冷静な観察と正確な判断に基づく対応を行い、
    患者の安全と安楽を図る。

消化管出血の観察事項(OーP)

  •  ショック症状の有無:めまい、立ちくらみ、皮膚の冷感、意識状態など。
  •  吐血か下血か(喀血との相違)
  •  吐出物・排泄物の性状。
  •  出血の色(鮮紅色、暗赤色)
  •  排便との関係、腹痛の有無。
  •  抗生物質の服用の有無、心疾患・動脈硬化症の既往の有無。小腸内視鏡検査の既往有無
  •  消化管疾患・肝疾患・血液疾患・アレルギー疾患
  •  飲酒歴の有無。

消化管出血の援助事項(TーP)

  •  不安の除去。
  •  苦痛の緩和。
  •  誤飲の防止の為、側臥位をとる。
  •  患者自身から、情報が得られない時 付き添いとのコンタクトをとる。
  •  保温に努める。
  •  必要時排泄の介助。
  •  環境整備。
  •  治療処置の介助。

消化管出血の指導事項(EーP) 

  •  症状、診断、治療方針など医師から患者・家族に十分説明を受けてもらい、
    分からないことがあれば看護師に伝えるように説明する

参考資料:患者参画型看護計画 

タイトルとURLをコピーしました