慢性動脈閉塞症の患者の看護計画

スポンサーリンク

#1間欠性跛行による歩行障害があり日常生活に支障をきたす

目標:症状が憎悪することなく、側副血行路の発達により運動障害が改善される

OーP(観察)

1歩行状態:歩行時の筋肉痛やけいれん、連続歩行可能距離、筋肉痛の出現部位(臀部、股関節部、大腿後部)

2下肢の冷感:左右差

3皮膚の色、チアノーゼの有無

4手足のしびれ感

5血管造影の結果:部位と側副血行路の発達状況、外科的治療の必要の可否

6潰瘍形成の有無

7外傷の有無

8動脈拍動触知状況

 

TーP(実施)

1必要時配膳下膳

2四肢の保温に注意する

3異常発現時、医師報告

4清潔介助

5点滴治療時の点滴管理

EーP(教育)

1保温清潔を守り外傷に注意する

2禁煙指導

3検査時説明を十分に行う

4医師より疾患治療方針の説明

5適当な運動で側副血行路の発達を促進させる

6動物性脂肪の制限

7体重の減少に努力する

 

[ad]

#2安静時疼痛があるために苦痛である

目標:疼痛が緩和する

OーP(観察)

1疼痛の発現部位と程度

2疼痛時の局所の状態

3睡眠状態

4精神状態:不穏状況、不安、表情

TーP(実施)

1夜間安静、睡眠がとれるように環境を整備

2保温を行い、冷感を予防する

EーP(教育)

1疼痛時には安静と局所の保温に注意するよう説明する

2疼痛の発現原因の理解を図る:組織の酸素不足や阻血性神経炎による

 

 

#3自発性脱疽を招き、その憎悪と二次感染の恐れがある

目標:感染を起こさず潰瘍が治癒する

OーP(観察)

1足趾の脱毛、皮膚の萎縮と硬化の有無と程度

2外傷の有無

3発赤、排膿の有無

4局所の熱感

TーP(実施)

1清潔援助

2潰瘍部の消毒

3精神的な援助

4潰瘍部の薬液浴

EーP(教育)

1冷感、発赤発現部のマッサージ

2靴擦れや外傷を避ける

 

 

 

参考資料:標準看護計画