慢性腎炎患者の看護計画

スポンサーリンク

#1種々の治療に関連した副作用出現の可能性がある

目標:治療の目的を理解でき副作用の兆候を訴えることが出来る

OーP(観察)

1治療内容と治療における副作用

 a抗凝固療法:出血傾向

 b抗血小板療法:ジピリダモール等における頭痛

 cヘパリン療法:出血傾向

 dメシル酸ガベキサート療法:静脈炎

 e大量免疫グロブリン療法

 f免疫抑制剤療法(シクロホスファミド):顆粒球の減少、脱毛、出血性膀胱炎

 gバルス療法:種々のステロイド副作用

2治療前後の検査データ:CCr、BUN、腎血流量、尿の性状、クレアチニン

3VS

4自覚症状の変化

 

TーP(実施)

1正確に治療が実施できるように確認、介助を行う

EーP(教育)

1治療内容と副作用について医師から説明

2異常症状出現時は申し出るように説明

 

 

#2治療に対し不安が大きい

目標:治療に関する知識を持つことにより不安が軽減する

OーP(観察)

1治療の必要性の理解度

2治療に関する疑問の訴え

TーP(実施)

1必要時ADL援助を行う:排泄、食事、清潔介助

2持続点滴が施行される場合の管理

3コミュニケーションを良好に保つ

EーP(教育)

1医師によるムンテラ後の補足

2治療の方針の説明

 

スポンサーリンク

#3高血圧を呈し腎機能の低下の可能性がある

目標:血圧が正常値で安定し腎機能の悪化を招かない

目標:血圧、腎機能の正常を理解できる

OーP(観察)

1血圧値とその変動:拡張期100mmhg以上は注意

2降圧剤の効果

3自覚症状:眩暈、頭痛、視力障害

4検査データ:尿たんぱく、腎血流量、CCr

TーP(実施)

1降圧剤の正確な与薬

2血圧上昇時は医師へ報告

3降圧剤の臨時使用後は血圧測定:30分、60分、120分

EーP(教育)

1血圧上昇時の随伴症状がある場合は申し出るように説明する

2血圧値が高値であっても降圧剤の使用を控える場合(腎血流量の減少をきたす為で)は、その理由を説明する

 

 

#4蛋白尿に関連した低蛋白血症出現の可能性がある

目標:蛋白尿が減少する

OーP(観察)

1検査データ:尿中たんぱく定量値、血中アルブミン地、TP

2安静状態

3浮腫の有無と程度:眼瞼、足背、四肢、手指

4体重変動

5尿量

6安静による尿中たんぱく定量の変化

7食事量チェック

TーP(実施)

1アルブミン製剤の点滴時は介助を行う

EーP(教育)

1安静指導

2感染防止:含嗽の励行、身体の清潔指導

3食事指導

 

スポンサーリンク

#5腎機能の低下がなく自覚症状がないために病識を持ちにくく、自己管理できない可能性がある

目標:病識を持ち検査の必要性を理解できる

OーP(観察)

1患者の訴え

2治療や検査に対する不信感の有無

TーP(実施)

1患者の訴えや不安についてその都度対処し放置しない

EーP(教育)

1医師と連絡を取り治療や検査の説明を十分に行う

2尿検査試験紙を使用した事故検査を指導する:必要時

3腎臓病のパンフレットを使用し、特に機能の項を中心に指導する

 

 

参考資料:標準看護計画

看護計画
スポンサーリンク
退職まぢかの看護師のブログ|疾患別の看護計画の例です