百日咳の看護計画

スポンサーリンク

百日咳の看護目標

1 心身の安楽が図れるように援助する。
2 合併症を予防し、早期に回復が図れるように援助する。
3 栄養素障害や体力低下が予防できるように援助する。

 

 

百日咳の観察プラン(OーP)

1 発作の状態:咳の持続時間、咳の性質と分泌物、呼吸状態、
  チアノーゼの有無、嘔吐の有無、無呼吸発作の有無。
2 体温、心拍数や脈拍数、呼吸回数、呼吸。
3 食事摂取量、飲水量と排尿の状態。
4 睡眠状況。
5 検査データ:白血球の増加、百日咳抗体、胸部レントゲン。

 

 

百日咳の援助プラン(TーP)

1 咳嗽発作の誘因と除去。
① 体動を最小限にし興奮するような遊びや啼泣は避ける。、
② 食物は一度に多く与えるのではなく、
  少量づつ頻回に与えるように工夫する。
③ 気管に吸引されやすい粉のついた食物は避ける。
④ 十分な換気、室温の調節。

2 咳嗽発作の緩和。
① 体位の工夫:枕やバスタオルなどを利用し、上半身を高くする。
② 咳嗽時、背中を軽くたたき気分を和らげると同時に、
  咳を出しやすくする。
③ 吐物の誤飲を避けるために、
  食後や哺乳後は横向きにするか、頭を横に向ける。
④ 適宜吸入、必要時吸引、酸素吸入。

3 環境調整。
4 身体の清潔。
5 確実な内服与薬。
  必要であれば少量のジュースやアイスクリーム、
  ヨーグルトなどを利用する。
6 感染予防。
  ガウン・マスク着用、手指の消毒。
7 訴えの傾聴。

 

スポンサーリンク

百日咳の 指導プラン(EーP)

1 母子ともに隔離の必要性について説明する。
2 母親に対して
① マスク着用、ガウンの使用方法、手指の消毒、
  汚物の取り扱いについて説明する。
② 他児への感染を防ぐため、他室への出入りをしないように説明する。
③ 患児の状態の変化に気が付いたら、
  すぐに看護師に知らせるように説明する。

 

 参考資料:患者参画看護計画。

看護計画
スポンサーリンク
退職まぢかの看護師のブログ|疾患別の看護計画の例です