B型急性肝炎患者の看護計画

スポンサーリンク

#1全身倦怠感、発熱、筋肉痛による苦痛がある

目標:身体的苦痛が緩和され安楽な体位が取れる

OーP(観察)

1発熱、悪寒、戦慄、倦怠感、筋肉痛

2下肢の倦怠感、患者の言動

 

TーP(実施)

1発熱時氷枕にて解熱を図る

a発汗等による軽い脱水時は水分補給に努める

b悪寒戦慄時は、電気毛布等による保温に努める

2解熱しない時は、医師の指示にて解熱剤を使用する

3倦怠感に対しては、安楽枕等を利用して体幹の圧迫を避けるように工夫する

4少しの振動騒音も苦痛に感じることがあるため、作業によるベッドの振動を最小限にする

5日差しが強い場合はブラインドなどで調節する

6筋肉痛、下肢の倦怠感等に対しては湿布を貼付する

7患者の相談相手になる

EーP(教育)

1急性期の一般症状であることを説明し、苦痛時は報告するように指導する

 

 

#2食欲不振により栄養状態の低下をきたす可能性がある

目標:環境が整理されていて食事が少量でも食べられ、栄養状態の低下をきたさない

OーP(観察)

1食欲不振、吐気、嘔吐、吐物の性状

2食事摂取量、体重減少、尿量、飲水量

3検査データのチェック

TーP(実施)

1食べやすく患者の口に合うように工夫する:果物、牛乳、野菜スープ、葛湯など高カロリー高たんぱくの食事

2患者の好みに応じて分割食にする

3どうしても食べられない時は、患者の好むものを少量づつ勧め、栄養補給に努める

4枕元にはガーグルベース、テイッシュペーパー、タオルなどを用意する:吐物の観察、消化の状態、混入物の観察

5吐気嘔吐が激しく食事が摂取できない場合は、医師の指示にて輸液を行う

EーP(教育)

1吐気を誘発しない程度の経口摂取量を指導する

 

スポンサーリンク

#3黄疸による掻痒感がある

目標:皮膚の清潔が保たれかゆみが緩和し快適に過ごせる

OーP(観察)

1皮膚の生活が保たれかゆみが緩和し快適に過ごせる

TーP(実施)

1黄疸、皮膚の状態、掻痒感

a冷たいおしぼりで清拭

bレスタミン軟膏あるいはヨモギローション塗布する

c効果がなければ医師に相談し、掻痒感の強いときは内服薬などを考慮してもらう

2皮膚の清潔に努める

EーP(教育)

1舌苔に描かないように指導し、爪は短く切っておくように説明する

 

 

#4肝予備能が低下すると重症化する危険性がある

目標:以上の早期発見と適切な処置が受けられる

OーP(観察)

1黄疸の増強、フラッピング

2意識レベルの低下:嗜眠、興奮などの異常行動、見当識の低下、質問に対する反応が鈍い、ぐったりして生気がない

3腹水、浮腫、尿便の性状、及び尿量の測定

4消化器症状、鼓腸、便秘、腹部膨満感、出血傾向

5検査データのチェック:TBiI、GOT、GPT、TTT、IgM、ALP、止血機能

TーP(実施)

1出血傾向がある場合は、止血を十分に行う

2レベルの変動、フラッピングには十分注意し異常時は医師に報告する

EーP(教育)

1家族に異常があれば医師又は看護師に報告するように説明する

 

 

順天堂医院のおいしい肝臓病レシピ―組み合わせ自由自在300レシピ (主婦の友実用№1シリーズ)
by カエレバ

 

#5ベッド臥床安静により、日常生活行動が制限される

目標:臥床安静の必要性が理解でき、不自由なく療養できる

OーP(観察)

1患者の言動、パンフレットの理解度、日常生活の過ごし方

TーP(実施)

1モーニングケア、イブニングケア、配膳、下膳を行う

2清拭洗髪足浴については医師の指示に従う:倦怠感が強いときは日時を変更する

3ストレスが蓄積されないように、ラジオ読書にて気分転換を図るように工夫する

EーP(教育)

1患者の状態に応じて肝臓パンフレットに沿って指導する

2患者の必要性を説明する

 

スポンサーリンク

#6吐物及び尿、便により他者に経口感染の可能性がある

目標:排泄後は手荒いが確実に施行でき、自ら感染を防止できる

OーP(観察)

1手洗いが確実に施行できているかどうか

2分泌物排泄物の取り扱い

TーP(実施)

1患者に使用した物品の取り扱い:必ず手袋を使用し素手で扱わない

2処置終了後は手洗いの励行

3症状安定するまでは面会者の制限を図る

EーP(教育)

1排泄後の手洗い指導:イルガサン300を使用

2HBパンフレットに沿って指導

 

 

#7血液唾液を介して他者に感染する危険性がある

目標:患者家族共にHBに対し正しい理解が出来自ら感染を防止することが出来る

OーP(観察)

1HBパンフレットの理解度、日常生活面について

TーP(実施)

1血液分泌物排泄物の取り扱いはデスポーザブルの手袋を使用

2手洗いはイルガサン300を使用

3採血器具はデスポーザブルを使用

4使用後の注射針は、必ずキャップをして所定の場所に廃棄

5食器はデスポーザブルを使用

6体温計は感染症用体温計を使用

7血圧計はHB患者に専用とする

8汚物、寝衣、リネン類、医療器具、器械、やくはい、マジックカップ、ガーグルベース、その他については院内感染予防マニュアルに準ずる

EーP(教育)

1HBパンフレットに沿って指導する(不必要な恐怖心を抱かせないように留意して指導する)

 

スポンサーリンク

#8退院後の生活に対し不安がある

目標:退院までに病状に応じた日常生活行動を理解し、不安が軽減する

EーP(教育)

1退院後2~4週間は、入院中と変わらない規則正しい生活をする

2高カロリー高たんぱくの食事をとり、食後1~2時間の安静を守る

3アルコール、就業については医師の指示に従う

4登山、海水浴、スキーなどの激しいスポーツは当分の間避ける

5内服は確実に行う

6HB抗原陽性患者のついて(パンフレットに沿った指導)

a血液の後始末は自分で行いその後焼却する

b剃毛刃、歯ブラシは専用にする

c乳幼児は感染しやすいので濃厚な接し方はしない

d排泄物は流水で十分洗浄する

e献血はしない

f定期的な肝機能検査を行う

g他の病院を受診する時はHB抗原陽性であることを告げるように説明する

h生理日に入浴は最後にし浴室は流水で洗い流す

i家族のHB抗原、抗体検査が(-)であればHBワクチン接種を勧める

j患者個々の社会生活に適応した、無理のない良い生活習慣を一緒に考える

 

参考資料:標準看護計画

看護計画
スポンサーリンク
退職まぢかの看護師のブログ|疾患別の看護計画の例です