肥大型心筋症の患者の看護計画

スポンサーリンク

#1不整脈による突然死の恐れがある

目標:危険な不整脈が早期に発見され適切な治療により生命への危険が避けられる

OーP(観察)

1VS:PRとHRの同時測定、不整の有無、血圧のチェック、心雑音の有無、抹消循環状態

2モニタの観察:モニタ波形の観察、不整脈の程度、波形の記録を残す

3心電図所見:左室肥大、およびST~T波の変化

4自覚症状:失神、動悸、呼吸困難、胸部圧迫感など

5心エコー所見

 

TーP(実施)

1不整脈出現時は心電図をチェックし医師報告

2症状出現時は、VS、心電図をチェックし医師へ報告する

3指示により酸素吸入、血管確保の準備をする

4救急処置がいつでも施行できるように点検整備しておく

EーP(教育)

1胸部症状出現時はすぐナースコールするように説明する

2確実に内服をするように指導する

3医師指示の安静度を守るように指導する

 

 

#2突然死する可能性があり、不安や恐怖を感じながら生活を送らなければならない

目標:不安なく日常生活を送れる

OーP(観察)

1患者の言動

2入院生活の状況

3病気に対する認識及び医師からの説明の内容

4退院後の生活状況

TーP(実施)

1患者の話を十分に聞く

2看護師で解決できない不安に対しては、医師に説明を依頼する

3家族からの情報を得る

4安静度の程度に応じて日常生活の援助をする:清潔、排泄、食事、睡眠、活動、娯楽

5検査、処置の説明を理解できるように行う

EーP(教育)

1不安なこと理解できないことについては、医師看護師に質問するように説明する

2退院後の生活指導は指示された安静を守り、規則正しい生活を送れるように説明する:肥満、暴飲、暴食、感冒、塩分の摂りすぎ、夜更かし、長風呂は避ける

3異常があれば来院するように説明する

 

スポンサーリンク

#3血縁者に発生することが多く家族の不安感が強い

目標:家族も必要な検査を定期的に受ける必要性を理解できる

OーP(観察)

1家族歴:血縁者の心臓病の罹患、突然死の有無

2血縁者の言動

3血縁者の検査の実施状況、結果

TーP(実施)

1医師が患者及び血縁者に説明している内容を把握する

2患者及び血縁者の話を聴く

EーP(教育)

1不安や疑問な点があれば医師や看護師に相談するように指導する

 

 

#4薬剤管理ができないため症状が悪化する恐れがある

目標:薬剤が正確に服用できる

OーP(観察)

1薬剤についての理解度

TーP(実施)

1入院中薬剤自己管理が出来ない患者に対しては看護師管理とする

EーP(教育)

1薬剤の効能や副作用について説明する

2副作用の自覚症状出現時には医師、看護師に報告するように説明する

3薬剤を中断しないように説明する(β遮断剤、Ca拮抗剤)

 

 

参考資料:標準看護計画