排尿障害の患者の看護計画

スポンサーリンク

排尿障害の患者さんの患者目標

1 規則的な排尿回数。
2 尿失禁の原因と治療の必要性について説明する。
3 尿失禁が軽減したと報告。
4 尿失禁の回数が減少する、あるいは消失する。
5 残尿が減少する。
6 尿失禁の対処行動をとる。
7 環境上の障壁に対して、移送・更衣を円滑にする為に、
  適切な器具・装具を使用する。

 

排尿障害の患者さんの要因

1 脳の機能障害に続発する抑制的遠心性刺激。
2 脊髄の機能障害に続発する抑制的遠心性刺激。
3 身体運動性の低下によるトイレへの到着困難。
4 括約筋のコントロールが出来ないこと。
5 痙攣性膀胱炎。
6 排尿間隔の欠如。
7 先天性尿路異常に続発する膀胱排出口の機能不全。
8 感染や外傷、尿道炎、糖尿、ガンに続発する膀胱容量の
  減少や膀胱の過敏状態。
9 前立腺摘出術術後、骨盤内広範囲切徐に続発する
  膀胱括約筋への影響。
10 薬物療法、全身麻酔、脊椎麻酔、膀胱カテーテル使用後に
   続発する膀胱筋の緊張低下。
11 老化、出産に続発する子宮底筋の筋力低下。
12 環境上の障壁(トイレが遠い、高すぎるベッド、
   暗い照明、ベッド柵、慣れない環境)
13 膀胱充満感や尿意の消失。

 

スポンサーリンク

排尿障害の患者さんの観察計画(OーP)

① 陰部の皮膚粘膜の状態。
② 水分摂取量、輸液量。
③ 膀胱容量、膀胱機能。
④ 環境の状態。
⑤ 薬物使用状況(種類、量、副作用)
⑥ 時間または場所に対する見当識障害の程度。
⑦ 経膣的出産回数。



排尿障害の患者さんのケア計画( TーP)

① 飲水や膀胱容量と関連つけて、時間ごとに排尿を促す。
② プライバシーを保護し、自尊心を傷つけるような言動は避ける。
③ 陰部の保清に努める(シャワー浴、陰部洗浄)
④ 環境を調整する(ポータブルトイレの設置、尿器の設置、
  低いベッド、防水シートの使用など)
⑤ 輸液量の調節(日中は多く、夜間は少なめにする)

 

スポンサーリンク

排尿障害の患者さんの教育計画(EーP) 

① 早めに、あるいは時間ごとに排尿ができるように説明する。
② 適切な介護用品の選択と使用方法について説明する。
③ 飲水量と排泄量の関係と飲水量の調節の仕方について説明する。
④ 排尿しやすい寝衣の説明をする。
⑤ 骨盤底筋体操の説明をする。
⑥ 保温の必要性を説明する。

 

参考資料:すぐに役立つ標準看護計画。 

看護計画
スポンサーリンク
退職まぢかの看護師のブログ|疾患別の看護計画の例です