歯生障害の看護計画

歯生障害の看護計画

スポンサーリンク

#1歯生障害

病棟で使用している看護計画です。
個別性を出すために不測のところは補足し
不必要な部分は削除して使用します。

S・ 虫歯

・ すり減った歯

・ 過剰な歯石

・ 口臭

・ グラグラする歯

・ かみ合わせが悪い

・ エナメル質の変化

・ 折れた歯

・ 歯痛

E:・ 衛生に関する知識不足

・ 歯磨きが出来ない

・ 栄養不足

・ うがいが出来ない

・ 口腔ケアを嫌がる

・ 嘔吐を繰り返す

・ 歯ぎしり

・ 間食

歯生障害の短期目標・期間

① 口臭が軽減する。

① 咀嚼がうまくできて、食事ができる。

歯生障害の観察計画(OーP)

① 歯痛、口臭、歯肉炎の有無。

② 口腔内の状態、舌苔の有無。

③ 食事摂取量、摂取状況。

④ 間食の状況。

⑤ 歯磨きの状況。

スポンサーリンク

歯生障害のケア計画(TーP)

① 毎食、歯磨きまたはうがいを促す。
できない時は介助し、口腔内の残渣物を除去する。

② 毎食後飲茶する。

③ 歯科受診する。

④ 食事内容、形態の検討。

⑤ 舌苔がひどい時は、舌ブラシ、又はスポジカで口腔ケアを実施する。

歯生障害の教育計画(EーP)

① 歯科衛生の必要性を説明する。

②  間食後の飲茶、うがいの必要性を説明する。

参考資料:標準看護計画

タイトルとURLをコピーしました