睡眠パターン混乱の看護計画

スポンサーリンク

睡眠パターン混乱の患者目標

  • ① 睡眠の障害になっている要因について述べる。
  • ② 睡眠の障害となっている要因を除去、または軽減する。

 

睡眠パターン混乱の要因

  • ① 睡眠が中断されること。
  • ② 疼痛。
  • ③ 多動。
  • ④ 不安や心配。
  • ⑤ 神経過敏。
  • ⑥ 治療に伴う副作用。
  • ⑦ 安楽な睡眠体位をとれない事。
  • ⑧ 頻繁な咳嗽反射。
  • ⑨ 体動制限による苦痛。
  • ⑩ 反復する悪夢。
  • ⑪ 環境の変化(音、光)

 

スポンサーリンク

睡眠パターン混乱の観察計画(OーP)

  • ① 現在の睡眠状況(睡眠時間、熟睡間の有無)
  • ② 睡眠に対する考え方。
  • ③ 睡眠習慣(寝衣、寝具)
  • ④ 日中の活動状況(運動の有無と程度)
  • ⑤ 午睡状況(午睡の有無と時間)
  • ⑥ 日中の倦怠感の有無と程度。
  • ⑦ 年齢。
  • ⑧ 周囲の環境(照明、湿度、騒音、病室の広さ)
  • ⑨ 環境の適応度(入院生活の慣れの程度)
  • ⑩ 薬物の使用状況(トランキラザー、催眠鎮静薬、抗うつ薬、
      MAO阻害薬、麻酔薬、バルビツール酸塩、
      副腎皮質ステロイド、覚醒薬)
  • ⑪ 薬物への依存心。
  • ⑫ 体温、脈拍、呼吸、血圧の変化。
  • ⑬ SPO2の変化。
  • ⑭ 呼吸状態(咳嗽の有無と程度)
  • ⑮ 疼痛の有無と程度。
  • ⑯ 身体的不快感の程度・内容(掻痒感、発汗)
  • ⑰ 安静度。
  • ⑱ チューブ、カテーテル類の装具装着の有無。
  • ⑲ 妊娠の有無、ホルモンの変調(更年期)
  • ⑳ 夜間の排泄状態(回数、時間)
  • ㉑ 嗜好品の内容・量。
  • ㉒ 精神状態(言動・表情)
  • ㉓ 不安の程度『疾患、治療、腱さ、手術など)、不安の表出・対処方法。
  • ㉔ 対人関係(同室者の患者)
  • ㉕ ライフスタイル(社会的背景、経済的背景)

                           

スポンサーリンク

睡眠パターン混乱のケア計画(TーP)

  • ① 日中の規則的な活動プログラムを立案する(散歩、理学療法、午睡の制限)
  • ② 疼痛のコントロールを図る。
  • ③ 夜間の水分摂取量を制限する。
  • ④ 眠前の食事の摂取、嗜好品の制限を行う(コーヒー、紅茶、たばこ)
  • ⑤ 足浴を介助する。
  • ⑥ 冷罨法、温罨法を介助する。
  • ⑦ 体位を工夫する。
  • ⑧ 環境を調整する。
  • ⑨ 同室者のテレビの音や光を調整する。
      イヤホンの使用を促す。光が漏れない工夫。
      消灯時テレビを消すように促す。
  • ⑩ 入院前の習慣が続行できるように促す。
      (イブニングケアは意識づける)
  • ⑪ リザクゼーションを行う(穏やかな音楽や深呼吸を促す)
  • ⑫ 医師の指示により睡眠薬を与薬する。
  • ⑬ 投薬時間を工夫する。
  • ⑭ 睡眠周期の間に最小の妨害で済むようにケア処置を組織化する。
  • ⑮ コミュニケーションを充実させ、共感的な理解の雰囲気をつくる。
  • ⑯ 不安の軽減を図る。

 

睡眠パターン混乱の教育計画(EーP)

  • ① 薬剤の使用効果について説明する。
  • ② 眠前の食事摂取について話し合う
      (高タンパク質の摂取、カフェインの制限)
  • ③ 起床時間には起きるように勧める。
  • ④ ベッドで過ごしても寝付かれない場合は、
      日中別の行動をしてみることを勧める。
  • ⑤ 日課表の作成に参加するように勧める。
  • ⑥ 活動プログラムを実施するように勧める。
  • ⑦ 睡眠と規則的な運動の関係について説明する。
  • ⑧ 午睡と夜間の睡眠の関係について説明する。
  • ⑨ 睡眠の妨げとなる印紙があれば医療者に相談するように説明する。
  • ⑩ 睡眠を得る為の生活習慣に、
      できるだけ近づける工夫をするように指導する。


  • 参考資料:すぐに役立つ標準看護計画。