体液量過剰の看護計画

スポンサーリンク

体液量過剰の患者目標

 体液、浮腫に関する知識を得、自分に合った水分、
  塩分、食物摂取の自己管理を行う。
・ 体液量の過剰症状を述べる

 

体液量過剰の要因

・ タンパク質摂取不足、栄養不良。
・ 静脈血の貯留、静脈うっ滞。
・ 水分過剰摂取。
・ 心拍出量の減少。
・ 門脈圧亢進、血漿膠質浸透圧の低下。
・ ナトリウム貯留。
・ 右心不全に続発する腎血流量の減少。

 

 

体液量過剰の観察計画(OーP)

① 水分出納(食事・水分の摂取状況、輸液量、発汗、
  排尿排便の量と回数)
② 体重の変動。
③ 浮腫の増減。
④ CVP、PVP。
⑤ 体温、脈拍、呼吸、血圧の変化。
⑥ 呼吸数の変化。
⑦ SPO2の変化。
⑧ 呼吸状態(呼吸数、性質、換気音)
⑨ 痰の性状と量。
⑩ 呼吸困難。
⑪ 検査データ(ABG、電解質、TP、ALB、BUN、CR、
  HB、HT、血液と尿の浸透圧)
⑫ 腹囲。
⑬ 検査所見(胸腹部X線)
⑭ 精神状態(イライラ、不安など)
⑮ 訴え(息切れ、脱力感、倦怠感)
⑯ 皮膚の異常の有無
  (乾燥、湿潤、発赤、皮膚剥離、水疱形成の有無)
⑰ 口渇の程度。
⑱ 水分制限に対する理解の程度(患者、家族)

 

スポンサーリンク

体液量過剰のケア計画(TーP)

① 体温、脈拍、呼吸、血圧を測定する。
② 指示により水分制限を行う。
③ 浮腫のある部位を挙上する。
④ 指示により低ナトリウム食、高たんぱく食を提供する。
⑤ 安楽な体位を保てるように援助する(枕などを用いる)
⑥ 喀痰喀を促すケアを行う(体位変換、タッピング、吸入)
⑦ 指示により酸素療法を行う。
⑧ 薬剤の管理を行う(輸液、内服)
⑨ 下肢に浮腫がある場合、弾性ストッキングなどを着用する。
⑩ 部分的に締め付ける着衣は着用しない。
⑪ 浮腫のある皮膚の清潔を保つ(手浴、足浴)
⑫ 浮腫の皮膚が傷つかないように援助する
  (クッションなどで皮膚への圧迫を減らす。皮膚の乾燥を予防する)

 

スポンサーリンク

体液量過剰の教育計画(EーP)

① 体液量過剰の理由について説明する。
② ナトリウムの制限について指導する。
③ 安静の程度とその必要性について説明する。
④ 内服薬について指導する。
⑤ 損傷から皮膚を保護する方法を説明する。
⑥ 水分制限の必要性と水分量の測定方法について説明する。
⑦ 減塩職についての文献を提供したり、必要時栄養士に相談する。

 

参考資料:すぐに役立つ標準看護計画。