洞機能不全症候群の患者の看護計画

洞機能不全症候群の患者の看護計画

スポンサーリンク

#1アダム・ストークス発作を起こし、生命に危険が及ぶ可能性がある

目標:不整脈が早期に発見され有効な心肺蘇生が行われる

OーP(観察)

1自覚症状:動悸、息切れ、頭痛、眩暈の有無

2失神発作の有無、程度と時間

3全身状態:BP、HR、呼吸、意識レベル、けいれんなど

4モニタの観察:入眠時、覚醒時

aHR、波形:P派の有無、P派とGRSの関係

5血圧値とその変動

6検査データ:心電図、心胸比

7睡眠時間、寝つき、熟睡感

TーP(実施)

1失神発作時の対処:まず医師に連絡

a救急カート、吸引セット、酸素、点滴など

b衣服緊縛の除去

c身体の安静

d舌咬傷の予防処置:舌圧子、バイドブロックの使用

2徐脈時の対処

a医師の特別指示せんがある場合はそれに従う

b原則として血圧を測定し血圧低下の有無をチェックする

c入眠時であれば覚醒させ HRの変動を見る

3危険防止

aベッド周囲の整理整頓

bベッド柵を3個使用する

4不安の緩和、精神的支援:訪室回数を多くし話をゆっくり聞く

5正確な与薬:アロテックなどの内服薬を使用している場合、確実な与薬に気を配る

EーP(教育)

1ベッド周囲の整理整頓を行うように指導する。不要なものは持ち帰ってもらう

2動悸、ふらつき、胸部不快が起こりそうであればすぐにナースコールをするように指導する

3モニタ装着中の注意

a指示された行動範囲を守る

bベッドサイドにハムの原因となるものを置かない

c電極の異常時は、ナースコールするように指導する

#2発作性頻脈を起こす場合がある

目標:発作性頻脈が早期に発見され適切な処置が施される

OーP(観察)

1モニタ観察

a安静時と発作時のHRの変動

b密に観察し発作出現時に注意する

2VSチェック

a発作時の血圧低下の有無

b循環動態の観察

TーP(実施)

1発作出現時

a医師に連絡し救急カートとショックボックスを持ち急行する

bルート確保の準備を行う

c医師の指示に従い敏速にDCの用意をする

EーP(教育)

1発作経験者には前駆症状があり次第、ナースコールをするように指導する

2医師の許可した行動範囲、運動制限を守るように指導する

3確実な服薬指導

[ad]

#3退院後の生活に不安がある

目標:疾患に対する知識を持ち自己管理ができる

OーP(観察)

1PR測定の実施、正確さの状態

2内服薬についての理解状況

3退院後の生活指導

4退院後の生活に対する不安感

EーP(教育)

1自己検脈指導を充分に行い、就寝時覚醒時日中に正確に忘れず測定するように説明する

2内服薬の必要性を説明し正確な服薬指導をする

3頻脈や徐脈の出現時にはすぐ受診する

参考資料:標準看護計画

タイトルとURLをコピーしました