非効果的体温調節機能の看護計画

スポンサーリンク

非効果的体温調節機能の患者目標

  •  乳幼児は腋窩温で36,5~37,5度Cの体温を維持する
  •  養育者は家庭での乳幼児の体温喪失を避ける方法を説明する
  •  養育者は正常体温を維持できるように外的要因を操作する

 

 

非効果的体温調節機能の要因

・ 高齢化に伴う温熱や慣例への順応能力の低下

・ 環境温度の変動

・ 代謝性調整の障害低下

 

スポンサーリンク

非効果的体温調節機能の観察計画(OーP)

① 高体温痔随伴症状
  (頭痛、悪寒、倦怠感、発汗、活気の有無、体熱感、
  けいれん発作、皮膚紅潮)
② 低体温時随伴症状
  (発汗、悪寒戦慄、チアノーゼ、気分不良、倦怠感)
③ 血液検査データ(ABG、CBC、CRP、PLT、電解質など)
④ 環境の状態(衣類、温度、湿度、寝具)
⑤ 栄養摂取状態。
⑥ 水分出納。
⑦ 体重の変動。
⑧ 皮膚の状態(湿潤、乾燥)
⑨ 活動状況。
⑩ 基礎代謝機能。
⑪ 体温調節機能。
⑫ 体温、脈拍、呼吸、血圧の変化。


[ad]

非効果的体温調節機能のケア計画(TーP)

① 体温、脈拍、血圧測定。
② 呼吸数の測定。
③ 環境の調節をする(温度、湿度、衣類)
④ 温罨法を行う(温枕、ホットパック、電気毛布)
⑤ 冷罨法を行う『氷枕、冷水マット、冷水、アルコール清拭)
⑥ 栄養の補給。
⑦ 水分の補給。
⑧ 清拭を介助する。
⑨ 適切な与薬を行う。
⑩ 薬物療法の管理。
⑪ 輸液の管理。
⑫ TPN輸液管理を行う。

 

スポンサーリンク

非効果的体温調節機能の教育計画(EーP)

① 患者もしくは家族に症状についての説明を行い、
  病状への理解を促す。
② トリートメントケアの必要性について説明を行い理解を促す。
③ 患者もしくは家族が体温をセルフコントロールできるように
  知識を与える。
④ 体温コントロールの為にケアについて、
  患者もしくは家族に実施できるように指導する。

 


    

  参考資料:すぐに役立つ標準看護計画。