経管栄養を受けている患者の看護計画

経管栄養を受けている患者の看護計画

スポンサーリンク

#1経口摂取が不可能であり、栄養の補給が出来ない

目標:経口栄養により栄養の補給ができる

OーP(観察)

1 腹部症状

2 胃チューブの固定状態

TーP(実施)

1 胃チューブを挿入し指示された注入食を開始する

2 絆創膏で胃チューブが抜けないように固定する(2か所:同一部位固定はチューブかぶれの予防の為に避ける)

#2下痢、吐き気、嘔吐などの腹部症状を起こす可能性がある

目標:吐気、下痢を起こさない

OーP(観察)

1 吐気、嘔吐の有無

2 腹部膨満か腹痛の有無

3 腸蠕動の観察

4 排便の回数、性状

TーP(実施)

1 下痢時:注入色の種類変更、白湯を混入し濃度を薄くして注入、滴下速度を遅くする

2 頻回な下痢が続く時は医師の指示により止痢剤与薬

3 嘔吐時:胃チューブ開放

 

#3意識障害のある患者の場合、胃チューブの自己抜去、流動物が逆流することにより誤嚥する可能性がある

目標:誤嚥性の肺炎を併発しない

OーP(観察)

1 VS

2 吐気、嘔吐の有無

3 肺雑音の有無、肺野のエア入りの状態

4 気管切開又は挿管患者は吸引物の量と性状の観察

TーP(実施)

1 胃チューブは挿入部と頬部の2個所に固定:粘着性の強い絆創膏を用いる

2 注入時は頭部挙上して行う。

3 必要に応じて上肢を抑制する

4 嘔吐時吸引などの処置を行い、医師に報告する

#4経口的欲求が満たされない

目標:誤嚥なく経口摂取ができる

OーP(観察)

1 摂取量

2 VS

TーP(実施)

1 患者の訴えを聞き精神的援助を行う

2 注入食、臭いを変える

3 嚥下訓練をし、医師の指示あれば経管栄養と並行してプリン、ゼリーから摂取訓練をする。小児食(ペースト、きざみ食)から普通食へと進める

写真でわかる介護職のための医療的ケア: 喀痰吸引と経管栄養を中心に、安全・確実なケアの流れとポイントを解説! (DVD BOOK 写真でわかるシリーズ)
by カエレバ

 

#5代謝性の合併症を起こす可能性がある

目標:高血糖、高浸透圧性利尿、肝機能障害、電解質異常を起こさない

OーP(観察)

1 検査データ

TーP(実施)

1 医師から電解質の補正の薬剤指示があれば与薬する

参考資料:標準看護計画

タイトルとURLをコピーしました