放射線療法を受ける患者の看護計画

放射線療法を受ける患者の看護計画

スポンサーリンク

#1放射線治療による副作用(宿酔症状と食道炎、皮膚炎)を起こす恐れがある

目標:照射部位の炎症がなく食欲がある

OーP(観察)

1 悪心、嘔吐、食欲不振、下痢、頭痛、眩暈、全身倦怠感、体重減少などの全身症状

2 嚥下痛、嚥下困難の有無

3 食事摂取量

4 照射部位の皮膚状態:発赤、皮膚はくり

TーP(実施)

1 医師の指示で鎮痛剤、鎮吐剤、粘膜保護剤を使用する

2 嚥下痛がある時、食べやすい食事内容や高たんぱく高カロリー食に変更する

3 照射部位の皮膚の清潔を保つ

4 皮膚炎を起こした時はステロイドホルモン軟膏を塗布する

5 放射線療法による発熱、皮膚炎などの症状が出現時は主治医に報告し適切な指示を得る

EーP(教育)

1 嚥下痛がある時、刺激の強い飲み物や硬い食品はとらない

2 補食は高たんぱく、高カロリー食品を選ぶ

3 石鹸、薬剤による照射部位の刺激は避ける

4 照射部位のラインは消さずに鮮明にしておく

5 照射部位は傷つけたりテープ湿布薬を使用しない

#2放射線肺臓炎を起こす可能性がある

目標:肺臓炎を理解し早期に自覚し訴えることが出来る

OーP(観察)

1 発熱、胸部レントゲン所見、血液ガス、呼吸音

2 血痰の有無:扁平上疲癌の場合、放射線治療中最も出血しやすい

3 体動時の呼吸困難

TーP(実施)

1 肺臓炎の疑いのある時は医師の指示により放射線治療を中止する

2 医師の指示によりステロイドホルモン剤の与薬を確実に行う

3 息苦しさが強ければ医師の指示で酸素吸入をする

4 安静を保持する

5 肺胞内出血時は、患側を下にして窒息を防止し胸部の冷却を行う

EーP(教育)

1 指示された安静度を守る

参考資料:標準看護計画

タイトルとURLをコピーしました