呼吸不全患者の看護計画

スポンサーリンク

呼吸不全~呼吸器感染症

呼吸不全の観察計画(OーP)

  • ① 体温、脈拍、呼吸、血圧、SPO2の変化。
  • ② 症状の有無と程度
      (チアノーゼ、四肢冷感、顔色、表情、皮膚湿潤)
  • ③ 呼吸状態
      (呼吸音、呼吸回数、深さ、咳嗽、呼吸補助筋の使用)
  • ④ 精神症状の有無と程度(興奮、不安)
  • ⑤ 意識レベル(JCS、GCS)
  • ⑥ 麻薬、精神安定薬、筋弛緩薬など、
      呼吸抑制をきたす薬物使用の有無。
  • ⑦ 痰の量、性状、色調、喀痰状況。
  • ⑧ 血液検査データ(ABG)
  • ⑨ 検査所見(胸部レントゲン)

呼吸不全のケア計画(TーP)

  • ① 体温、脈拍、呼吸、血圧、SPO2を測定する。
  • ② 体位変換を2時間ごとに行う。
  • ③ 深呼吸を促しタッピングを行う。
  • ④ 吸入を行う。
  • ⑤ 鼻腔、口腔、気管内の吸引を行う。
  • ⑥ 口腔ケアを行う。

呼吸不全の教育計画(EーP)

  • ①異常を思わせる症状や徴候があれば、
      すぐに知らせるように説明する(呼吸困難、貯痰感)
  •  
スポンサーリンク

呼吸不全~肺炎

呼吸不全の観察計画(OーP)

  • ① 体温、脈拍、呼吸、血圧、SPO2の変化。
  • ② 症状の有無と程度(チアノーゼ、呼吸困難、倦怠感)
  • ③ 血液検査データ(ABG)
  • ④ 検査所見(胸部レントゲン)

呼吸不全のケア計画(TーP)

  • ①体温、脈拍、呼吸、血圧、SPO2を測定する。 

呼吸不全の教育計画(EーP)

  • ①異常を思わせる症状や徴候があれば、
      すぐに知らせるように説明する(呼吸困難、悪寒、体熱感)

 

スポンサーリンク

 呼吸不全~胸水

呼吸不全の観察計画(OーP)

  • ①体温、脈拍、呼吸、血圧、SPO2の変化。
  • ②症状の有無と程度
      (チアノーゼ、四肢冷感、顔色、表情、皮膚湿潤)
  • ③呼吸状態
      (呼吸音、呼吸回数、深さ、咳嗽、呼吸補助筋の使用)
  • ④精神症状の有無と程度(興奮、不安)
  • ⑤意識レベル(JCS、GCS)
  • ⑥麻薬、精神安定薬、筋弛緩薬など、
      呼吸抑制をきたす薬物使用の有無。
  • ⑦痰の量、性状、色調、喀痰状況。
  • ⑧血液検査データ(ABG)
  • ⑨検査所見(胸部レントゲン)

呼吸不全のケア計画(TーP)

  • ①体温、脈拍、呼吸、血圧、SPO2を測定する。
  • ②鼻腔、口腔、気管内の吸引を行う。

呼吸不全の教育計画(EーP)

  • ①異常を思わせる症状や徴候があれば、
      すぐに知らせるように説明する(呼吸困難、貯痰感)

 

スポンサーリンク

 呼吸不全~脊髄損傷

呼吸不全の観察計画(OーP)

  • ①体温、脈拍、呼吸、血圧、SPO2の変化。
  • ②症状の有無と程度(チアノーゼ、皮膚冷感、蒼白)
  • ③呼吸状態。
  • ④気管内分泌物の量、性状、色調。
  • ⑤精神状態。
  • ⑥動脈血ガス異常。
  • ⑦尿量。
  • ⑧検査所見(心電図)

 

スポンサーリンク

呼吸不全のケア計画(TーP)

  • ①体温、脈拍、呼吸、血圧、SPO2を測定する。
  • ②気道内分泌物の排出困難な時は、
      ネブライザー吸入、気管内洗浄を行う。
  • ③医師の指示により酸素を投与する。
  • ④医師の指示により上半身を挙上、
      側臥位への体位変換を積極的に行う。
  • ⑤吸引を実施する。
  • ⑥肺胞壁から分泌物を遊離する為に
      物理的刺激として胸壁叩打と振動刺激を行う。
  • ⑦咳嗽と補助筋の能力をアセスメントする。

呼吸不全の教育計画(EーP)

  • ①異常を思わせる症状や徴候があれば、
      すぐに知らせるように説明する(呼吸困難、貯痰感)

 

 

看護計画
スポンサーリンク
退職まぢかの看護師のブログ|疾患別の看護計画の例です