不明熱の患者の看護計画

不明熱の患者の看護計画

スポンサーリンク

#1原因が不明であることに関連した検査、処置が多く不安の可能性がある

目標:不安を表出でき、検査処置が受けられる

OーP(観察)

1 呼吸器症状:咽頭の違和感、刺激感、くしゃみ、鼻水、咳、嗄声、胸痛、喀痰

2 悪寒、発熱、全身倦怠感、頭痛、悪心、嘔吐、下痢、食欲減退、不快感、発汗、発疹

3 発症の原因、および誘因

4 検査データ:ESR、CRP、LDH、ASO

5 胸部レントゲン

6 精神状態

7 熱型の観察

8 培養

9 尿の性状と排尿状態

10 腹部症状

11 性器出血

TーP(実施)

1 検査介助を行う

2 良好なコミュニケーションを保つ

EーP(教育)

1 検査について十分説明を行う

2 家族の協力を求める

 

#2発熱が持続することに関連した体力の低下する可能性がある

目標:検査処置による原因究明により、処置がなされ早期に解熱することにより体力が維持できる

OーP(観察)

1 食事摂取量

2 飲水量

3 VS:熱型の観察

4 倦怠感、筋肉痛

5 尿量

TーP(実施)

1 日常生活援助

2 清潔援助

3 安静を促す

4 発熱時冷罨法を施行する

5 原則として38度以上の熱発時は医師に報告する

6 水分補給を勧める

7 指示による薬剤の与薬

EーP(教育)

1 発熱、悪寒、自覚時は、体温測定することを指導する

参考資料:標準看護計画

タイトルとURLをコピーしました