鼻骨骨折患者の看護計画

鼻骨骨折患者の看護計画

スポンサーリンク

#1外固定のギブスがずれることにより創部の安静が保てない

目標:ギブスを損傷せず有効な固定ができる

OーP(観察)

1 ギブスの固定状態

2 ギブス損傷の有無

EーP(教育)

1 ギブスをぬらさない、汚さないように指導する

2 ギブスの損傷を防止するため顔面の安静を指導する

#2鼻腔内タンポン挿入に関連する咽頭不快がある

目標:咽頭に流れ込んだ分泌物や血液を飲み込まず静かに喀出できる

OーP(観察)

1 分泌物の性状、量

2 喀痰喀出状態

3 咽頭部痛、咽頭不快の有無

TーP(実施)

1 航空からの分泌物を吸引:自己喀出不能時

2 手術当日から各勤務1~2回吸入施行:吸入液医師指示

EーP(教育)

1 咽頭に流れ込んだ分泌物や血液を、飲み込まず静かに喀出できるように説明する

#3口腔、喉頭粘膜の乾燥に関連する咽頭の急性炎症を起こしやすい

目標:鼻腔内タンポンが除去されるまで炎症症状を起こさず経過する

OーP(観察)

1 咽頭粘膜の所見:乾燥の程度、発赤、腫脹

2 疼痛、VS、発熱の有無

TーP(実施)

1 含嗽施行し口腔内を清潔に保つ

2 手術後から各勤務帯1~2回吸入

EーP(教育)

1 毎食後、眠前の含嗽励行を指導する

2 湿ガーゼマスクの使用を勧める

[ad]

#4鼻腔内タンポン挿入に関連する呼吸苦がある

目標:口呼吸が苦痛なくできる

OーP(観察)

1 呼吸状態:呼吸回数、エア入り

2 呼吸時表情

3 呼吸苦の有無

EーP(教育)

1 口呼吸の方法を指導する

#5退院後創部の安静が必要である

目標:鼻部を打撲することなく日常生活を送れる

EーP(教育)

1 創部を打撲しないように安静を指導

2 ギブスを装着したまま退院する時は、ギブスをぬらさ無いように説明する

参考資料:標準看護計画

タイトルとURLをコピーしました