尋常性天疱瘡患者の看護計画

尋常性天疱瘡患者の看護計画

スポンサーリンク

#1皮膚粘膜にビラン面を形成し、二次感染を起こしやすい

目標:水疱の新生及びビラン面の二次感染を防ぎ、疲診が改善される

OーP(観察)

1 疲診の状態、水疱、ビラン面の部位、大きさ

2 ビラン面より浸出液の量、色、性状、臭気

3 ビラン面よりの出血、疼痛

4 尿量、水分出納、VS

TーP(実施)

1 医師の指示にて薬浴、シャワーの介助

2 清拭の場合は摩擦を避け抑えるように行う

3 皮膚の消毒は刺激性の消毒薬は避ける

4 ガーゼ交換介助、ビラン面の保護

5 浸出液の多い場合、ガーゼ、寝衣、シーツ交換を適宜行う

6 二コルスキー減少予防の為、テープなどは皮膚に直接触れないようにガーゼで保護し固定する

EーP(教育)

1 皮膚の摩擦を避けるように説明する

2 入浴時の石鹸などは医師の指示にて使用するように説明する

#2口腔粘膜、口唇にビラン面を伴い食事摂取困難がある

目標:口腔内のびらんが軽減し食事摂取困難が改善される

OーP(観察)

1 口腔内の粘膜の状態、出血、疼痛

2 食事摂取量

3 栄養状態

4 検査データ:TP、アルブミンなど

TーP(実施)

1 食べやすい食事に変更する

2 濃厚流動食の併用

EーP(教育)

1 口腔内の保清は柔らかい歯ブラシを用いるよう説明する

2 含嗽励行を指導する

3 低たんぱく血症改善の為、良質のたんぱく質を多くとるように指導する

[ad]

#3ステロイド剤の長期投与による副作用が考えられる

目標:副作用の早期発見が出来適切な処置が受けられる

OーP(観察)

1 胃症状:痛み、不快感、吐き気など

2 便潜血

3 食事摂取量

4 VS

5 浮腫、糖尿、精神状態:満月様顔貌

6 血液データ

TーP(実施)

1 胃症状、便潜血に異常があれば医師に連絡する

2 体重測定を定期的に行う

3 精神不穏の場合は適宜病室訪問を行う

4 ステロイド剤による副作用の説明を行い、患者の理解を得る

EーP(教育)

1 手洗い、含嗽の励行を指導する

2 ステロイド内服を確実にするように必要性の説明をする

#4再発を繰り返すため精神的苦痛が強い

目標:治療が継続して受けられ不安なく退院できる

OーP(観察)

1 患者の言動、態度

2 睡眠

3 家族の受け入れ状態

TーP(実施)

1 頻回に訪室し話を聴く

2 理解が不十分な点があれば捕捉し、医師へ再確認する

3 家族との面会を配慮する

EーP(教育)

1 気分転換を図るように説明する

参考資料:標準看護計画

タイトルとURLをコピーしました