ギプス装着中の患者の看護計画

ギプス装着中の患者の看護計画

スポンサーリンク

#1ギプス装着に関連した不安がある

目標:固定の必要性が理解でき、安心して処置が受けられる

OーP(観察)

1 疾患の理解度:安心して処置が受けられる

2 不安内容

TーP(実施)

1 疾患及びギプス固定の理解度の確認

2 ギプス装着のオリエンテーション:方法、期間

3 ギプスまきの介助

4 不安内容に対する説明

5 不安内容が口に出して言えるような雰囲気をつくる

EーP(教育)

1 固定中の注意事項について説明

 a ギブス障害

 b 患肢の安静

 c ギプスの管理

#2ギプス固定中、局所の圧迫によりギプス障害が起こる可能性がある

目標:良肢位が守られ、症状の変化が報告できる

OーP(観察)

1 圧迫感、疼痛、しびれ

2 知覚異常及び痺れ

 a 上肢:尺骨神経麻痺

 b 下肢:腓骨神経麻痺

3 循環障害:退色反応、爪床色、チアノーゼ、浮腫、冷感

4 患肢の皮膚状態:掻痒、悪臭、分泌物

5 肢位

6 ギプス破損、変形

TーP(実施)

1 ギプスの乾燥を促す

 a 新聞紙、ドライヤーの利用

 b 布団を患肢に直接かけないように離被架などを使用する

2 辺縁処理:伸縮性バンソウコウ使用

3 肢位調整

4 ギプス障害出現時、医師に報告

5 ギプス割入れ時の介助

6 開窓時は皮膚の状態をチェック、マッサージを行う

7 ギプスシャーレ時、固定を確実に行う

8 下肢を挙上する

EーP(教育)

1 ギプスの汚染、破損に注意するように説明する

 a 入浴時のギプス保護はビニールで覆う

 b 移動時はギプスが当たらないようにする

2 ギプス障害出現時は速やかに報告するように説明する

 a 圧迫感、痛み、しびれ

 b 手指、足趾の運動不良

 c 腫脹、冷感

3 良肢位の保持の必要性について説明する

[ad]

#3ギプス固定中、患肢がつかえないことによりADL制限がある

目標:必要な運動が行えADLにおける工夫ができる

OーP(観察)

1 ADL

 a 利き手交換:食事、整容、更衣、トイレ動作

 b 移動:車椅子、松葉づえ

 c 身の回りの整理

2 ストレス

 a 精神状態

 b 身体的制限

TーP(実施)

1 ADLの援助

 a 食事:配膳、下膳、セッテイング

 b 移動:準備、介助、監視

 c 清潔:清拭、洗髪、足浴

 d 更衣:着脱

 e 環境整備

2 精神慰安

3 同室者とのコミュニケーションを取り持つ

4 ストレス内容を口に出して言えるような環境つくりをする

EーP(教育)

1 気分転換の必要性について説明する:趣味、娯楽

2 健肢の筋力トレーニングの方法について説明する

3 利き手交換の必要性について説明する

4 生理袋や補助具の活浴方法について説明する

#4長期間のギプス固定により、患肢の関節拘縮や筋委縮を起こしている可能性がある

目標:積極的にリハビリテーションが行える

OーP(観察)

1 患肢の運動

2 運動時の関節痛

3 患肢の筋力低下、痩せ

4 運動時の筋肉痛

5 リハビリテーションに対する意欲

6 リハビリテーションの進行度

TーP(実施)

1 患者と共にリハビリプログラムの作成(PT、医師と相談)

 a 筋力トレーニング

 b 自他動運動

 c 運動前のホットパック

参考資料:標準看護計画

タイトルとURLをコピーしました