頬骨骨折患者の看護計画

頬骨骨折患者の看護計画

スポンサーリンク

#1手術後、鼻側の眼のかけてガーゼ貼用するため、安静制限がある

目標:視覚低下をきたさず、また転倒などの事故がなく過ごせる

OーP(観察)

1 ガーゼ汚染の有無:出血量、色

2 視覚の程度

3 創痛の有無:腫脹の程度

TーP(実施)

1 光覚チェック:1勤務1回

2 創痛、腫脹増強時鎮痛剤使用:医師の指示

3 環境整備

4 創部の安静の為数日間流動食

EーP(教育)

1 光覚に異常あれば看護師を呼ぶように説明する

#2採骨部の安静に関連したADL制限がある

目標:安静度が解除されるまでADLに問題なく過ごせる

OーP(観察)

1 ADL範囲

2 創痛の有無

TーP(実施)

1 食事セッテイング

2 排泄介助

3 洗面、保清介助

4 ベッド周囲の整理

EーP(教育)

1 安静の必要性を説明する

#3長期の安静に関連して保清が保ちにくく褥瘡ができる恐れがある

目標:褥瘡が出来ずに体の保清が保てる

OーP(観察)

1 褥瘡好発部位の状態

TーP(実施)

1 清拭、陰部の洗浄

2 体位変換

3 安全な体位、安楽枕の使用

EーP(教育)

1 体位変換の必要性を説明する

[ad]

#4 SBドレーン挿入により感染を起こすおそれがある

目標:37度以上の発熱をしない

OーP(観察)

1 SBドレーンよりの排液量、色、性状

2 SBドレーン挿入部の状態

3 SBドレーン閉塞の有無

4 発熱の有無

TーP(実施)

1 SBドレーンよりの排液に異常あれば主治医に連絡する

2 排液:21時(ただし医師の指示確認)

EーP(教育)

1 SBドレーン挿入の必要性を説明する

2 ドレーンをむやみに引っ張ったり、体の下に敷き込んだりしないように説明する

#5退院後創部が肥厚、拘縮する恐れがある

目標:肥厚、拘縮が最小限に抑えられる

EーP(教育)

1 茶マイクロポアを最低3カ月貼付するよう説明する:パンフレット使用

参考資料:標準看護計画

タイトルとURLをコピーしました