膝の靱帯損傷の看護計画

膝の靱帯損傷の看護計画

スポンサーリンク

#1靱帯損傷による膝痛や歩行障害がある

目標:膝への負担が軽減でき、円滑な入院生活が送ることが出来る

OーP(観察)

1 靱帯の損傷程度

2 スポーツ歴、スポーツ復帰の意思

3 炎症症状:疼痛、腫脹、熱感、発赤

4 ROM

5 歩行状態

6 膝の不安定性

7 筋力低下

8 肥満度

9 ADL:特に移動動作、トイレ動作

TーP(実施)

1 医師の指示で鎮痛剤を使用する

2 症状が強く、安静保持が必要な場合はADLの援助をする

3 必要時患部冷罨法

EーP(教育)

1 膝の安静の必要性と方法について指導する

 a シャーレ、サポータなどの使用

 b 松葉づえ、車椅子の使用

2 疼痛時は報告するよう説明

3 肥満度20%以上に対しては体重コントロールの指導

#2靱帯修復に関連する不安がある

目標:手術に対する理解が出来、術前練習を通して安心が得られる

OーP(観察)

1 患肢のROM

2 疾患の理解度

3 不安内容

TーP(実施)

1 手術説明後の理解度の確認

2 術前オリエンテーション

 a 手術に関連して、手術を受けられる方へのパンフレットを使用

 b 疾患に関連して、膝関節の手術を受けられる方へのパンフレットを使用

3 不安内容に対する説明

4 不安が言えるような雰囲気をつくる

EーP(教育)

1 術前練習の指導

 a 足関節の自動運動

 b 松葉づえ、車椅子練習

 c 持続的関節他動運動装置装着中の注意点

 d 二―ブレースの装着の必要性

スポンサーリンク

#3手術による膝周囲の腫脹が起こり循環障害が起こる可能性がある

目標:患肢の安静が保持でき症状の変化が正しく報告できる

OーP(観察)

1 創痛

2 出血、ガーゼ汚染:SBバック内の出血量

3 肢位

4 患肢の循環障害:腫脹、浮腫、皮膚色、冷感

5 患肢の神経障害:足趾・足関節の動き、しびれ

TーP(実施)

1 下肢を挙上する

 a 安楽枕を使用し膝軽度屈曲位をとる

 b 布団を患肢に直接かけないように離被架を使用

2 術直後より膝窩部の冷罨法(24時間)

3 出血、腫脹、創痛出現時医師に報告する

4 足趾・足関節の底背屈不良時、医師に報告

5 医師の指示により鎮痛剤の使用

EーP(教育)

1 創痛の増強、下肢のしびれ出現、足趾・足関節の動き不良時は報告するよう説明する

2 患肢の安静と挙上を守る用

#4靱帯修復術直後は、適度の運動により再断裂の危険性が高い

目標:制限された運動が守れる

OーP(観察)

1 患肢の運動

2 運動時の創痛

3 患肢の腫脹

4 持続的関節他動運動装置の設定状況

5 二―プレースの装着状態

TーP(実施)

1 持続的関節他動運動装置の装着と管理:運動開始時に角度を確認

2 創痛腫脹出現時、医師に報告

3 リハビリテーション終了後患肢の冷罨法

EーP(教育)

1 リハビリテーションのプログラムについて説明

 a 制限の必要な運動:等尺性の大腿四頭筋訓練(4週目より開始)

 b 持続的関節他動運動装置:2日目から2週間目まで施行

 c 自動運動:ROM練習(リハビリテーション室にて)

2 患肢免荷による杖歩行練習

3 歩行訓練時の二―プレース装着

 [ad]

#5膝の運動制限により靱帯の癒着や筋委縮が起こるため、ROMの拡大が遅れる可能性がある

目標:意欲的に継続したリハビリテーションが行える

OーP(観察)

1 創痛

2 腫脹、熱感

3 ROM

4 筋委縮

5 リハビリテーションに対する意欲

TーP(実施)

1 リハビリテーション前:ホットパック、リハビリテーション後:冷罨法

2 ROM測定:リハビリテーション後毎日

3 医師の指示により鎮痛剤使用

4 リハビリテーションの進行に合わせ激励

EーP(教育)

1 ROM拡大と筋力トレーニングを指導

2 退院指導を行う

 a リハビリテーションプログラムを説明

 b 二―プレースの装着

 c 患肢の部分荷重を開始

 d リハビリテーション通院の必要性

 e 定期的な外来受診の必要性

参考資料:標準看護計画

タイトルとURLをコピーしました