軽度熱傷患者の看護計画

軽度熱傷患者の看護計画

スポンサーリンク

#1皮膚のびらん、水疱があるため二次感染を起こしやすい

目標:二次感染が予防され、苦痛なく治療が受けられる

OーP(観察)

1 皮膚の性状:発赤、腫脹、水疱形成、疼痛、浸出液の有無と性状

2 VS

3 検査データ:白血球、肝機能、ウイルス検査

TーP(実施)

1 軟膏塗布

a 軟膏ベラの使用により感染予防を図る

b 外用時は摩擦を避け水疱を破らない

2 シャワー後十分な消毒:医師の指示後

3 ガーゼ汚染、寝衣汚染あれば交換

EーP(教育)

1 掻痒時は寝衣の上から軽くたたき、掻破しないよう説明する

2 ガーゼ汚染時は連絡するよう説明する

#2痛みがありストレスや不眠に陥りやすい

目標:痛みが緩和し、精神的安静が図れる

OーP(観察)

1 疼痛の有無、程度、部位、種類

2 精神状態:言動、表情、睡眠状態、動作など

TーP(実施)

1 患者の訴えを良く聴く

2 主治医の指示により鎮痛剤、睡眠剤の与薬

3 局所の安静を保つ:包帯、ガーゼによる摩擦を避ける

4 痛みは徐々に軽減することを説明し励ます

EーP(教育)

1 疼痛時は早めに連絡するように指導する

[ad]

#3掻痒感があり精神的安静が保たれにくい

目標:掻痒感が軽減し精神的安静が保てる

OーP(観察)

1 掻痒感の部位、程度、持続時間、種類

2 睡眠時間

TーP(実施)

1 医師の指示により抗ヒスタミン剤の使用

2 必要に応じてガーゼ交換

3 患者の訴えを聞く

EーP(教育)

1 掻痒時は衣類の上から軽く叩くように説明する

2 趣味などにより気分転換を図る用指導する

#4真性皮膚は損傷を受けやすい

目標:皮膚の保護が出来皮膚の再生が促進される

OーP(観察)

1 皮膚の状態:色調、再生の程度

2 受傷の有無

TーP(実施)

1 皮膚の保護

2 環境整備

EーP(教育)

1 衣類の工夫の説明をする

2 受傷しないよう説明する

3 直射日光、外気を避けるように指導する

参考資料:標準看護計画

タイトルとURLをコピーしました