腎摘出術を受ける患者の看護計画

腎摘出術を受ける患者の看護計画

スポンサーリンク

#1検査、手術に対する不安がある

目標:検査、手術の内容が理解でき不安が軽減される

OーP(観察)

1 患者の言動、態度

TーP(実施)

1 患者の訴えを聞き何が不安なのか把握する

2 術前検査オリエンテーションを十分行う

 a  IVP、CT、エコー、膀胱鏡について

 b  術後の安静について

#2手術中、術後の出血によりショックを起こす可能性がある

目標:急激な血圧下降がなく、顔色良好である

OーP(観察)

1 全身状態

 a 麻酔の覚醒状態

 b 顔色、チアノーゼの有無

 c 呼吸状態、腹部状態

 d 創部のガーゼ汚染の有無

2 ドレーンよりの排液の量、性状

3 VS

 a 手術当日1~2時間ごと

 b 翌日4時間ごと

TーP(実施)

1 異常があれば医師に報告する

 

#3片腎摘出により血流動態が変化し術後2~3日高血圧となることがある

目標:血圧が安定している

OーP(観察)

1 VS:特に血圧の変動

2 頭痛、眩暈の有無

3 水分バランス

4 検査データ

TーP(実施)

1 輸液の管理

EーP(教育)

1 自覚症状があれば知らせるように指導する

参考資料:標準看護計画

タイトルとURLをコピーしました