低位前方切除術を受ける患者の看護計画

低位前方切除術を受ける患者の看護計画

スポンサーリンク

#1腸閉塞や下血、下痢、貧血に関連した栄養状態の低下がある

目標:適切な処置を受け栄養状態が改善される

OーP(観察)

1腹部症状

 a 吐気、嘔吐

 b 腹痛

 c 下痢

 d 便秘

 e 腹部膨満

2排便状態

 a 下血の有無

 b 便の性状:下痢、便秘の有無

3 VS

4 水分出納

5 検査データ

 a 血液データ:CBC、TP、ALb、CEA、コレステロール、電解質

 b 腹部レントゲン:鏡面像の有無

6 ADL状態

7 全身状態

TーP(実施)

1 状態に応じて食事の種類を変更する

2 状態に応じて絶食としIVHカテーテルを挿入し、輸液管理を行う

3 貧血が強い場合は医師の指示により輸血を行う

4 指示された内服薬を確実に与薬し観察する

 a 下痢

 b 止痢剤

 c 整腸剤

5 浣腸は医師の指示があるまで禁忌である

EーP(教育)

1 指示された食事内容を守るように指導する

#2腸内容物の排除を要する検査に関連した不安が強い

目標:検査の必要性が納得でき対処方法が分かる

OーP(観察)

1 患者の理解度

2 検査前の便通状況

3 下剤内服後の排便状態

4 腹痛、腹部不快の有無

5 消化管ファイバー、注腸検査終了後は、水分の摂取状態、バリウム便の排泄の有無、疼痛の有無、出血の有無

TーP(実施)

1 注腸検査要項に準ずる

2 種々の検査の際は、患者に必要性を十分に説明し納得させる

3 前日に下剤を与薬するが、すでに下痢が著明な場合や狭窄が強い場合は、医師に確認する

4 下痢が著明な場合は脱水に留意し医師の指示で補液を行う

5 バリウム排泄の確認を行う

EーP(教育)

1 検査食の時には間食をしないように指導する

2 注腸検査の場合は、検査要綱を守るように患者の説明する

3 検査のことで分からない点があれば、説明して不安の無いようにする

#3腸内容の排除が不十分な場合、ガス発生により腸内圧が高くなり術後の縫合不全の原因となる

目標:腸内容を除去し腸内の清浄化が図れる

OーP(観察)

1 腹部状態;腸蠕動、排ガスの有無など

2 排便状態

3 腹部レントゲン:腸内容物の有無を確認する

TーP(実施)

1 術後3~4日前より1日4回に硫酸カナマイシンなどを与薬、下剤を眠前に服用させる

2 手術前日には腸管洗浄液を内服させ腸洗浄を行う

3 手術当日グリセリン浣腸施行

 [ad]

#4術後の癒着に関連したイレウスの可能性がある

目標:腸蠕動が回復し術後2~3日頃までに排ガスがある

OーP(観察)

1 腹部症状:腹痛、吐気、嘔吐、腹部膨満、腹壁の緊張、腸蠕動、排ガスの有無

2 排便状態、便の性状と量

3 腹部レントゲン:鏡面像

4 検査データ:WBC、Ht、K、Na、Cl、Ca

5 腹部エコー

TーP(実施)

1 術後早期より体位変換、離床を促す

2 留置カテーテル挿入時は早期に、膀胱訓練開始し抜去することにより体動しやすくさせる

3 医師の指示で次のことを行う:腸蠕動促進剤の与薬、熱気浴

4 浣腸は腸内圧が亢進し縫合不全の危険を招くため最低2週間は禁止する

5 排便処置前後の腸蠕動を確認する

6 指示により胃チューブを挿入する

7 絶飲絶食とするが回復状態により食事を開始する

#5感染、吻合部炎症に関連した縫合不全の可能性がある

目標:下血、腹痛がなくVSが安定している

OーP(観察)

1 ドレーンの排液、性状、量

2 VS、発熱

3 腹痛、腹部膨満、腹膜刺激症状

4 便の性状、量:粘血便、血便

5 検査データ:CBC、CRP

6 検査所見:腹部レントゲン

TーP(実施)

1 縫合不全とみられる徴候があればただちに医師に報告する

2 緊急手術となる可能性があるため、方針を確認後準備を行う

3 安静保持、体位を工夫し苦痛の緩和に努める

EーP(教育)

1 安静を保持し腹圧を掛けないように指導する

#6骨盤内での複雑な操作を要する為、神経損傷に関連した排尿障害の可能性がある

目標:排尿訓練により機能が回復し自然排尿がみられるようになる

OーP(観察)

1 尿意の有無

2 1日尿量(水分摂取量、水分出納)

3 1回尿量、残尿

4 尿勢

TーP(実施)

1 術後4日目より膀胱訓練を開始し、尿意があれば留置カテーテルを抜去する

2 留置カテーテルを1週間目には抜去し自然排尿を促す

3 出来るだけ正常な排尿姿勢をとらせる

4 水音を聴かせる、会陰部に温かい湯を注ぐ、患者の手を湯に浸すなど試みる

5 機能障害が残った場合は泌尿器科にコンサルトし間歇的導尿、自己導尿の指導を考慮する

EーP(教育)

1 初めは尿意がなくても根気よく続ければ治ることを説明する

2 用手的排尿方法を指導する

3 経口摂取可能な場合水分摂取を促し、排尿量を増やす必要があることを説明する

4 自己導尿の指導を行う

[ad]

#7健康時の排便習慣に戻るまで、6カ月くらいを要し下痢や便秘に傾きやすい

目標:自分に合った方法で排便コントロールができる

OーP(観察)

1 腹部症状:便の回数、性状、排便パターン

TーP(実施)

1 医師の指示で次のことを行う

 a 水分、電解質の補給

 b 消化剤、整腸剤の与薬

 c 必要時止痢剤の与薬

 d 便秘時、緩下剤の与薬

 e 腹痛時、鎮痛剤の与薬

2 食事は固形物や繊維を多く含んだ食品、冷たい飲み物は避け、消化管の安静を図る

3 腹部温罨法

4 肛門部の保清

5 排便コントロール不良に対し精神的ストレスを生じやすいため、必要時医師により病状説明をしてもらう

EーP(教育)

1 術後、2~6カ月くらいはテネスムス症状が続くという事を説明する

2 毎日規則正しい排便習慣をつけるように指導する

3 食事指導

 a 線維の多く含んだ食品、温冷の激しいものは避ける

 b 消化の良いものをゆっけり咬んで食べる

 c 固形物はなるべくとらない

 d アルコールは控える

参考資料:標準看護計画

タイトルとURLをコピーしました