眼外傷患者の看護計画

眼外傷患者の看護計画

スポンサーリンク

#1眼外傷による視力低下、眼痛などの症状が強い

目標:安静、止血剤、点眼、抗生物質等の保存的治療により感染、再出血を起こさない

OーP(観察)

1 受傷時状況、時刻、場所

2 受傷時の眼鏡、コンタクト使用の有無

3 眼瞼擦過傷、眼瞼腫脹

4 眼症状:眼痛、視力、充血、流涙、羞明感、飛蚊視、複視、眼圧、頭痛

5 その他の部位の外傷の有無

6 吐気、嘔吐

7 検査データの把握:水晶体脱臼、網膜裂孔などを併発している可能性

TーP(実施)

1 眼痛強い場合、主治医の指示にて鎮痛剤の投与

2 抗生物質、点眼などの確実与薬:自己点眼できない場合は看護師が介助

3 視力低下が著しい時は病室、ベッド周辺の整頓及び危険防止

4 安静保持の確認:出血時は両眼帯、座位安静

5 安静の程度に応じて排泄、食事、保清面での介助

EーP(処置)

1 安静と眼帯の必要性について説明する

2 点眼指導

3 眼症状異常時すぐに連絡するよう指導する

#2眼外傷により緊急入院、緊急手術に関連した不安が強い

目標:医師のムンテラ、看護師とのコミュニケーションにより精神的に安定し手術に臨める

OーP(観察)

1 言動、表情、態度による精神状態

TーP(実施)

1 落ち着いたたあ緯度で接し安心感を与える

2 前与薬注射

3 ベッド作成および病室ベッド周辺の準備

EーP(処置)

1 余裕があれば手術後の一般的経過(安静、食事、排泄)について的確に説明しておく

#3術後の安静制限に関連した苦痛がある

目標:眼の安静を保ちながら身体の安楽が図れる

OーP(観察)

1 安静の状態:手術当日は絶対安静、翌日より許可あればトイレ歩行可

TーP(実施)

1 安楽な体位の工夫

 a 眼科用まくら使用し、頸部を固定:四肢は自由

 b 腰部マッサージ、円座挿入

2 眼の安静、保護

 a 必要以外の会話は避ける

 b ガーゼを触ったり、外したりしない

 c 両眼帯、翌日より許可あれば片眼帯

 d 直射日光を避け、カーテンなどで調節して適当な暗さを保つ

#4両眼帯貼用のため必要物品の位置が分かりにくい

目標:必要物品の位置を覚え、自分で物品をとれる

OーP(観察)

1 ベッド周辺での患者の動作範囲

TーP(実施)

1 ナースコールの位置確認

2 テイッシュペーパー、吸い飲みなどの位置確認

#5安静による食思低下の可能性がある

目標:5割以上の食事摂取ができる

OーP(観察)

1 胃部症状:吐気、嘔吐

2 食事摂取量、摂取状況

TーP(実施)

1 必要に応じて食事介助

#6ベッド上安静に関連した排泄困難がある

目標:ベッド上で排泄できる

OーP(観察)

1 尿意の有無

2 自然排尿状態

3 腹部症状

TーP(実施)

1 排泄介助:必要時導尿

スポンサーリンク

#7安静による清潔面での制限がある

目標:安静度の範囲内で身体が清潔に保たれる

OーP(観察)

1 身体の発汗状態

2 不快感の有無

TーP(実施)

1 モーニングケア、イブニングケア

2 全身清拭

3 口腔内清拭、含嗽

4 足浴

5 髭剃り

6 洗髪:手術後7日目から介助で洗髪

7 シャワー:術後7日目より

8 入浴:術後14日目より

#8緊急手術に関連した感染を起こしやすい

目標:手術後感染を起こさず可能な限り視力がアップする

OーP(観察)

1 VS

2 眼痛

3 頭痛

4 ガーゼ汚染

5 眼脂

6 流涙

7 視力

TーP(実施)

1 ガーゼ交換介助:1週間清潔交換

2 抗生物質、点眼などの確実与薬

EーP(処置)

1 手術後1週間以内はガーゼを外したりしないよう説明する

2 点眼時は必ず手を洗ってから行うよう説明する

3 むやみに汚い手で目を触ったりガーゼを外したりしないよう説明する

#9術後1~数カ月で外傷性白内障、外傷性緑内障、交換性眼炎を続発する可能性がある

目標:退院後も合併症を起こさない

EーP(処置)

1 退院時オリエンテーション:用紙に基づく

2 おこりやすい合併症についてあらかじめ説明しておく

3 眼痛、頭痛、視力低下などの異常時には受診

4 定期受診

5 点眼指導

参考資料:標準看護計画

タイトルとURLをコピーしました