真性多血症患者の看護計画

真性多血症患者の看護計画

スポンサーリンク

#1疾患に対して不安がある

目標:闘病意欲を持つことが出来、入院生活を快適に過ごすことが出来る

OーP(観察)

1 表情、言動、不安に思っている点

2 医師の説明内容

3 病名検査の受け止め方、理解度

TーP(実施)

1 医師からの説明を把握し内容の統一を図る

2 家族の話を聴き、患者の不安をひき出す

3 頻回に訪室しコミュニケーションを十分にとる

4 信頼関係を持ち患者の話を十分に聞く

5 医師に病名についてムンテラしてもらい、理解度に応じて不明瞭な点は再度補足する

6 患者の社会的背景を知り、患者に合ったレベルで対応する

#2血液ねんちょう度の上昇により循環障害が出現し頭痛しびれなどの症状がある

目標:Htが正常化し諸症状が改善される

OーP(観察)

1 VS

2頭痛、眩暈、耳鳴り、視力障碍の有無程度

3検査データ:RBC、WBC、PLT、Ht

TーP(実施)

1 安静の保持

2 環境の調整として、光、音の刺激の調整を図る

3 環境調整

4 頭部冷罨法により症状の緩和を図る

5 患者の症状を良く聴き不安の緩和に努める

6 医師の指示により鎮痛剤の与薬などを行う

7 状態に応じADLに介助を行う

EーP(教育)

1 長時間の立位や急に立ち上がるなど、急に体位を変えない

#3肝・脾腫による腹部膨満感、圧迫感がある

目標:圧迫に伴う苦痛が軽減し食事が十分に摂取できる

OーP(観察)

1 VS

2 検査データ:血液像、凝固因子の低下、好中球減少、GOT、GPT

3 黄染の有無

4 貧血の有無

5 リンパ節腫大の有無

6 急激な腹痛の有無

7 圧迫症状

8 腹囲、体重の変動:適的測定

9 食事摂取量

TーP(実施)

1 セミファーラー位、側臥位にし腹部の緊張を緩める

2 危険物を除去し転倒の予防をする

3 衣類、寝衣類を選択し圧迫を避ける

4 脾腫が著明となりADL困難な時はADLの介助を行う

5 消化の良い食事に変更する

6 栄養状態不良時は医師の指示で補液を行い管理する

7 好中球低下時は皮膚、口腔粘膜、肛門、陰部の清潔を図り、清拭、含嗽、陰部洗浄を行う

EーP(教育)

1 以下の指導を行う

a 指示された安静度を守る

b 無理な体位、体動を避ける

c 局部の安静を行い重いものを持たない

d カロリーの高い、消化の良いものを分割して摂取する

#4瀉血に対する不安がある

目標:瀉血の必要性が理解でき、治療が不安なく受けられる

OーP(観察)

1 患者の疾患に対する理解度

2 患者の言動

TーP(実施)

1 患者が不安に思っていることを知る

EーP(教育)

1 瀉血の手順について説明する

2 医師と共に必要性について説明する

#5ブスルファン内服による胃腸障害と呼吸器症状がある

目標:吐気がなく食事が食べられる。呼吸が楽である

OーP(観察)

1 食事摂取量

2 吐気、嘔吐の有無

3 吐物の性状

4 水分バランス

5 腹部症状

6 吃逆

7 咳、痰など呼吸器症状の有無

8 レントゲン所見

9 血液ガス

TーP(実施)

1 嗜好に合わせ、少量でも栄養価の高い食品を摂取させる

2 食事時間を制限せず、希望した時間に電子レンジで再加熱して用意をする

3 吐気時には医師の指示で制吐剤を使用する

4 呼吸器症状出現時は安静にし、医師の指示を得る

スポンサーリンク

#6シクロフォスファミド与薬により出血性膀胱炎の可能性がある

目標:尿長が確保でき異常が早期に発見できる

OーP(観察)

1 VS

2 尿量、性状、出血の有無

3 排尿回数

4 排尿痛、残尿感の有無、程度

TーP(実施)

1 安静の保持

2 シクロフォスタミドが腎に停滞しないように、医師の指示により輸液を行い、尿量を確保する

3 医師の指示により水分出納を行う

4 輸液の管理

5 出血性膀胱炎時は膀胱灌流、止血剤の与薬を行う

EーP(教育)

1 水分を十分にとるよう説明する

#7寛解退院後、外来治療の継続が必要であるが自己管理に問題がある

目標:治療の継続の必要性が納得でき自己管理ができる

OーP(観察)

1 理解度、家族の受け入れ

TーP(実施)

1 外来での継続治療の内容を把握しておく

2 主治医と相談し退院後の安静度を決定する

EーP(教育)

1 退院指導を行う

a 定期的に外来通院する

b 内服は確実に服用する

c 治療後1~2週間は特に感染を受けやすいことを説明し、感染予防に努める

d 身体に異常のある場合には速やかに外来受診する

e 規則的な生活をし、過労を避ける

参考資料:標準看護計画

タイトルとURLをコピーしました