鼓室形成術を受ける患者の看護計画

鼓室形成術を受ける患者の看護計画

スポンサーリンク

#1手術後も現在の耳症状が継続する恐れがある

目標:現状態を把握し術前オリエンテーションにより不安なく手術が受けられる

OーP(観察)

1 耳漏、悪臭

2 耳鳴り

3 視力障害、聴力検査

4 疼痛、頭痛

5 眩暈、眼振

6 顔面神経麻痺

7 手術に対する精神状態の把握

TーP(実施)

1 手術前オリエンテーション

 a 一般的オリエンテーション

 b 輪ゴムの準備、整髪、剃毛

2 手術のついて理解不十分な点があれば捕捉、医師へ再確認

#2手術による鼓索神経麻痺、顔面神経麻痺が考えられる

目標:麻痺症状が早期発見され、適切な処置が受けられる

OーP(観察)

1 眩暈、眼振、顔面神経麻痺、聴力、耳鳴り、吐気、耳閉感、耳漏感の有無

TーP(実施)

1 顔面神経麻痺がおこった場合

 a 眼球結膜保護のため点眼や夜間テープの貼用

 b 顔面筋肉の運動:リハビリテーション

2 安静度指示の厳守

3 排泄の介助

4 眩暈がなければ歩行時のふらつきに注意し必要時歩行介助

EーP(教育)

1 急激な体動を避けて患側を下にしないように指導する

2 絶対に鼻をかまないように指導する

#3創部の汚染防止の為、洗髪、入浴が出来ず不快感がある

目標:保清に努め不快感が軽減する

OーP(観察)

1 頭部汚染:掻痒感の程度

TーP(実施)

1 アルコール洗髪又はドライシャンプー及び清拭

2 初回の耳内ガーゼ交換後、医師の許可があれば洗髪シャンプー介助

3 毎日のブラッシング

EーP(教育)

1 創部を練らさ無いように指導する

#4慢性中耳炎の再発の可能性がある

目標:誘因となるものが避けられ再発を招かない

EーP(教育)

1 継続的な通院治療と耳内痛、耳内湿潤感の出現などの異常時は受診をするよう指導する

2 規則正しい生活を指導する

 a 禁煙

 b 激しい運動を避ける

 c 感冒に罹患しない

3 洗髪時耳内に水が入らないよう、綿球を詰めたりして注意するよう指導する

4 1年間は水泳禁止:医師指示を受けるよう説明する

参考資料:標準看護計画

タイトルとURLをコピーしました