股関節の骨切り術を受ける患者の看護計画

股関節の骨切り術を受ける患者の看護計画

スポンサーリンク

#1下肢の痛みや変形の為ADLに制限がある

目標:適切な援助が受けられ、円滑な入院生活を送ることが出来る

OーP(観察)

1 疼痛

 a 安静時痛

 b 動作時痛

2 鎮痛剤使用頻度

3 腫脹

4 変形

5 脚長差

6 跛行

7 補助具:車椅子、杖

8 ADL:特に移行動作、トイレ動作

9 肥満度

TーP(実施)

1 医師の指示により鎮痛剤の使用

2 症状が強く安静保持が必要な場合はADLの援助

EーP(教育)

1 車椅子、杖を使用し股関節にできるだけ負担を掛けない要し指導する

2 疼痛時は報告するように説明する

3 肥満度20%以上に対しては体重コントロール

#2股関節の骨切り術に関する不安がある

目標:手術に対する理解が出来、術前練習を通して安心が得られる

OーP(観察)

1 患肢のROM

2 疼痛、変形

3 疾患の理解度

4 不安内容

TーP(実施)

1 手術説明後の理解度の確認

2 術前オリエンテーション

 a 手術に関してのパンフレットを使用

 b 疾患に関してのパンフレットを使用

3 食事の変更、手術前3日前にくし刺し食に変更

4 不安内容に対する説明

5 不安内容が口に出して言えるよな雰囲気をつくる

EーP(教育)

1 術前練習:年齢、ADLに応じて指導内容を変更

 a 仰臥位に慣れておき、術後は術後は自己で体位変換しないよう指導

 b 下肢良肢位保持:術後には外転中間位を保持し、安楽枕で下肢を挙上しておくことを説明

 c 足関節の自動運動

 d 等尺性の大腿四頭筋訓練、下肢挙上訓練、外転運動

 e 床上排泄:モンキーバーを使用しての骨盤挙上

 f 車椅子操作、移動:車椅子トイレ移動、エレベーター操作

 g 松葉づえ練習:3点歩行練習(リハビリテーション室にて)

 h 洗面動作

 i 食事摂取方法:ベッドアップ30度にして、くし刺し色を提供

#3股関節手術創のドレナージ不良により、下肢の循環障害が起こる可能性がある

目標:患肢の安静が守られ症状の変化が正しく報告できる

OーP(観察)

1 創痛

2 出血、ガーゼ汚染:SBバック内の出血量

3 創状態:発赤、腫脹、熱感

4 患肢の循環障害:腫脹、皮膚色、浮腫、冷感

5 患肢の神経障害:足趾・足関節の動き、しびれ

TーP(実施)

1 SBバックの管理

 a 自己血回収器使用時は、ヘパリン生食の量を計算し出血量を測定

 b  SBバック内の陰圧保持

 c  ミルキングローラでミルキング

2 肢位の調整

 a スピードトラック牽引

 b 下肢両側に砂嚢固定

3 出血、腫脹、疼痛出現時、医師に報告

4 足趾・足関節の底背屈不良時、医師に報告

5 医師の指示により鎮痛剤の使用

EーP(教育)

1 創痛の増強、下肢しびれ出現、足趾・足関節の動き不良時には報告するよう説明する

2 患肢の安静の必要性について説明する

 a 良肢位に保持、軽度外転、中間位

 b 内転位、内旋位の禁止

 c ベッドアップは1時間以内を守る

3 感染予防の方法について説明

 a 不潔な手でガーゼに触れない

 b 排尿時ガーゼを尿で汚染しないように注意する

 c 包帯がずれた時は報告するように説明する

4 下肢の運動の方法について指導する

 a 足関節の自動運動:1日3回、1回につき30回以上

 b 等尺性の大腿四頭筋訓練:1日3回、1回につき30回以上

5 腹式呼吸の必要性について説明する

#4股関節の骨切り術に伴い、床上での患肢安静度が長くADLの制限が大きい

目標:床上生活に慣れ、制限がストレスとならないように援助が受けられる

OーP(観察)

1 股関節の安静:屈曲制限が守られているか

2 皮膚の圧迫症状:背部、臀部、かがと部

 a 疼痛

 b 掻痒感

 c 発赤

 d 発汗

3 ADLの制限

 a 食事

 b 排泄

 c 清潔

4 精神状態

TーP(実施)

1 医師の指示により安静度拡大

2 体位変換

 a 外転台を使用し1日3回側臥位介助:背部にレザーまくら、安楽枕を置き倒れないようにする

 b 背部タッピング

 c かがと部に小円座使用

 d 褥瘡好発部位のマッサージ

3 ADL介助

 a 食事:くし刺し食に変更、ベッドアップ45度まで、配ぜん下膳セッテイング、ベッドミラーの位置

 b 排泄:便器挿入交換、プライバシーを守る環境を整える

 c 清潔:全身清拭、手浴、足浴、洗髪

4 精神的援助

 a 家族の面会考慮

 b 訪室回数を多くし訴えを良く聴く

5 苦痛を口に出して言えるような雰囲気をつくる

EーP(教育)

1 臥床安静の必要性について説明する

2 体位変換の方法について説明する

3 気分転換の必要について説明する:雑誌、ラジオなどの娯楽

4 排便コントロール法について指導する

スポンサーリンク

#5患側下肢の免荷の為、車椅子移動、松葉づえ歩行が不安定である

目標:臥床中に筋力トレーニングを行い、安定した移動ができる

OーP(観察)

1 上下肢の筋力低下

2 ROM

3 免可歩行状態

4 リハビリテーションに対する意欲

5 ベッド周囲の環境

TーP(実施)

1 ブーリー設置

2 安定した移動、歩行までは付きそう

3 ベッド周囲の整理整頓

EーP(教育)

1 関節拘縮予防訓練と筋力トレーニングについて指導

 a 足関節の自動運動

 b 等尺性の大腿四頭筋訓練

 c 下肢挙上訓練

2 負荷歩行の必要性について説明

#6退院後も患側下肢の負担を避けての生活が必要である

目標:家族の協力を得、無理のないADLの拡大に自信が持てる

OーP(観察)

1 ROM

2 荷重制限

3 ADL:特に移動動作、トイレ動作

4 家庭の生活様式

5 家族の協力程度

TーP(実施)

1 医師、PT、家族との連絡調整

EーP(教育)

1 家族も含めて退院指導を行う

 a 下肢への負担を避ける

 b 下肢ROM拡大、筋力トレーニングの継続

 c 家庭の生活様式の変更、改善:手すり、洋式トイレなど

 d 定期的な外来受診

参考資料:標準看護計画

タイトルとURLをコピーしました