交通外傷患者の看護計画

交通外傷患者の看護計画

スポンサーリンク

#1予期せぬ事故により精神的に混乱状態になる

目標:現在の状態を理解し治療を受け入れることが出来る

OーP(観察)

1 患者、家族の言動

TーP(実施)

1 家族の連絡先確認

2 入院時の所持品は必ずチェックし家族に渡す

3 いつでも相談できるような態度をとり、十分なコンタクトをとる

EーP(教育)

1 病棟内オリエンテーション

2 検査、処置の内容、結果、病状についての医師よりの十分な説明

#2受傷直後であり、受傷部位、程度、既往歴が明らかでなく、突然に重篤な状態に陥る恐れがある

目標:異常が早期に発見され適切な処置が受けられる

OーP(観察)

1 VS

2 尿量

3 意識レベル

4 瞳孔:大きさ、左右差、対光反射

5 創部の部位、程度

6 出血の部位、程度

7 疼痛の部位、程度

8 痙攣の部位、程度、種類、時間

9 麻痺の部位、程度、筋力差

10 皮膚色、爪床色、チアノーゼ

11 吐気、嘔吐

12 便、尿失禁

13 データ:レントゲン、CT、ECG、エコー、血液ガス、生化学、血液型

TーP(実施)

1 情報を正確に得て十分な準備をする:ECGモニタ、酸素吸入、包交車

2 状態に応じた救急処置、介助:気道確保、血管確保、創処置、検査、尿留置カテーテル

3 VSのチェック:15分ごと、落ち着けば間隔をあける

4 家族、目撃者、持ち物より事故の状況、時刻と処置、治療を受けていればその内容と既往歴の聴収

5 感染症が不明の場合は感染症扱いとする

6 医師の指示により破傷風トキソイドの与薬

#3頭部外傷があり、出血、浮腫による脳圧亢進を起こす恐れがある

目標:脳圧亢進症状が早期に発見され、適切な処置が受けられる

OーP(観察)

1 VS、尿量

2 意識レベル

3 瞳孔

4 呼吸状態

5 運動麻痺の出現、悪化、病的反射、痙攣

6 頭痛、吐気、嘔吐の有無

7 髄液蠟、耳出血

8 視力障害:複視、眼球の運動制限

9 言語障害:構音障害

TーP(実施)

1 輸液管理:輸液量の制限

2 医師の指示で浸透圧利尿剤、抗てんかん剤の投与

3 体動が激しい時は最小限の抑制

4 手術適応時は手術前準備、処置

5 CT、レントゲン撮影などの介助と結果の把握

 #4胸部外傷による呼吸障害を起こす可能性がある

目標:必要な酸素量が得られるよう適切な処置を受けられる

OーP(観察)

1 VS

2 呼吸音、回数、呼吸困難の程度

3 皮下気腫の有無

4 呼吸時の胸郭の動き

5 胸部写真による胸骨、肋骨骨折、血胸、気胸の有無

6 胸腔ドレーンの曲がり、接続部位、指示された陰圧、吸引痰の性状、量

7 データ:血液ガス、レントゲン、CBC、CT

TーP(実施)

1 創処置の介助:バストバンド固定、胸腔内ドレーンの挿入、気管内挿管

#5腹部外傷があり腹腔内出血を起こし、出血性ショック状態となる可能性がある

目標:腹腔内出血が早期に発見され、適切な処置が受けられる

OーP(観察)

1 VS

2 データチェック:レントゲン、CT、エコー、CBC

3 腹痛、圧痛

4 腸蠕動

5 腹部膨隆、膨満感の有無

6 吐気、嘔吐

7 排便の有無、性状

TーP(実施)

1 輸液管理

2 胃チューブ及び管理

3 安楽な体位の工夫

4 必要時手術前処置

#6脊椎の脱臼により生命が危険な状態となる恐れがある

目標:安静が保持でき整復できる

OーP(観察)

1 肋間筋麻痺による呼吸抑制

2 四肢麻痺の有無、有ればその状態、知覚障害

3 失禁または腸管麻痺による腹部膨満、排泄障害

4 データ:レントゲン、CBC

5 痛みの部位と程度

TーP(実施)

1 安静の保持:絶対安静

2 牽引の状態

EーP(教育)

1 安静の必要性を説明する

#7四肢の骨折、骨盤骨折があり機能障害がみられる

目標:整復が出来機能障害を残さない

OーP(観察)

1 疼痛の有無

2 患肢の変形、短縮、疥癬、屈曲、腫脹

3 VS、チアノーゼの有無

4 出血、筋肉挫滅、神経、健断裂の有無、屈伸のチェック

5 局所の軋轢音、異常可動性

TーP(実施)

1 ギブス固定時の介助

2 牽引の状態

3 必要あれば手術前処置

参考資料:標準看護計画

タイトルとURLをコピーしました