手根管開放術を受ける患者の看護計画

手根管開放術を受ける患者の看護計画

スポンサーリンク

#1手根管症候群に基づく、手のしびれや痛みによる巧緻動作の障害がある

目標:手に負担がかからないようなADLの工夫ができる

OーP(観察)

1 末梢神経症状

 a 拇指球筋委縮

 b 拇指対立運動傷害

 c 知覚異常

 d 手のこわばり

 e 脱力感

 f 疼痛

2 ADL:特に食事、更衣、入浴動作

TーP(実施)

1 症状が強く安静保持が必要な場合はADLの援助

EーP(教育)

1 神経症状増強時安静にするよう説明

2 ADLの工夫について指導する

 a 保温により効果がある場合は温罨法

 b 神経症状の程度により、スプーン、フォークの利用

#2手根管開放術に関連する不安がある

目標:手術に対する理解が出来、術前練習を通して安心できる

OーP(観察)

1 疾患の理解度

2 不安内容

TーP(実施)

1 手術説明後の理解度の確認

2 術前オリエンテーション

 a 手術に関連して(手術を受けられる方へのパンフレットを使用)

 b 疾患に関連して

3 不安内容に対する説明

EーP(教育)

1 術前練習の指導:利き手交換の指導

#3手関節、中手・指節関節に負担がかかることにより創出血を起こす

目標:運動開始時期まで患部の安静保持ができる

OーP(観察)

1 創状態

2 出血、ガーゼ汚染の有無

3 患肢の循環障害:腫脹、浮腫、皮膚色、冷感

4 ギブスシャーレ固定による圧迫固定

5 創痛

TーP(実施)

1 固定用伸縮性包帯を使用し、患肢挙上

2 出血、腫脹、創痛出現時医師に報告

3 医師の指示により鎮痛剤の使用

EーP(教育)

1 患肢の安静と挙上の必要性について説明

#4手根管症候群に基づく症状の改善に対する不安がある

目標:意欲的に自動運動が継続して行える

OーP(観察)

1 不安内容

2 ROM

3 リハビリテーションに対する意欲

4 ADL

TーP(実施)

1 退院指導の実施

EーP(教育)

1 退院指導

 a ギブスシャーレ固定期間中の自動運動の目的、方法

 b ギブスシャーレ除去後の自動運動の目的

 c ギブスシャーレの管理について

 d 医師の指示があるまで内服の続行

 e 定期的に受診する

参考資料:標準看護計画

タイトルとURLをコピーしました