下肢の人工関節置換術を受ける患者の看護計画

下肢の人工関節置換術を受ける患者の看護計画

スポンサーリンク

#1下肢の痛みや変形の為、ADLに制限がある

目標:適切な援助が受けられ、円滑な入院生活を送ることが出来る

OーP(関節)

1 疼痛  a安静時痛 b動作時痛

2 鎮痛剤使用頻度

3 腫脹

4 変形

5 脚長差

6 跛行

7 補助具:車椅子、杖

8 ADL:特に移動動作、トイレ動作

9 肥満度

TーP(実施)

1 医師の指示により鎮痛剤の使用

2 症状が強く安静保持が必要な場合はADLの援助

EーP(教育)

1 車椅子、杖の使用を説明し、股関節にできるだけ負担を掛けないように指導する

2 疼痛時は報告するように指導する

3 肥満度20%以上に対しては体重コントロールの指導をする

#2下肢の人工関節置換術に関連する不安がある

目標:手術に対する理解が出来、術前練習を通して安心が得られる

OーP(関節)

1 患肢のROM

2 疼痛、変形

3 疾患の理解度

4 不安内容

TーP(実施)

1 手術説明後の理解度の確認

2 術前オリエンテーション  a手術に関して  b疾患に関して

3 食事の変更:手術3日前に串刺し食に変更

4 不安内容に対する説明

EーP(教育)

1 術前練習:年齢、ADLに応じて指導内容を変更

 a 仰臥位に慣れておき、術後は自己で体位変換しないように指導

 b 下肢良肢位保持:術後には股関節の場合は外転中間位を保持しておく、膝関節の場合は安楽枕で下肢を挙上しておくことを説明

 c 足関節の自動運動、下肢挙上訓練、等尺性の大腿四頭筋訓練、外転運動の指導

 d 床上排泄:モンキーバーを使用し骨盤挙上での排泄に慣れておく

 e 車椅子操作、移動:車椅子トイレ移動、エレベータ操作の指導

 f 松葉づえ練習:3点歩行訓練(リハビリテーション室にて指導を受ける)

 g 食事摂取方法:ベッドアップ30度に手串刺し食を摂取する

#3下肢の人工関節置換術に関連する感染の防止が必要である

目標:感染予防に努めることが出来る

OーP(関節)

1 全身の皮膚症状:白癬、褥瘡など

2 検査データ:CRP、WBC、ESR

3 手術下肢の皮膚状態

4 陥入爪

TーP(実施)

1 清潔保持:入院時に全身の皮膚状態チェック

2 必要時軟膏処置、ガーゼ交換

3 手術前日の入浴介助

4 手術当日の手術下肢のブラッシング

 a 完全に覆った後、手術衣を着せ風邪をひかないよう保温に注意しベッド上安静を勧める

 b 排泄で覆った布が汚染される恐れがあれば、留置カテーテル留置または排尿介助をする

EーP(教育)

1 感染予防に努めるように説明する

 a 術前から皮膚の清潔保持に心がける

 b 白癬や皮膚に創がある場合は早めに申し出る

 c 感冒に罹患しない

#4創のドレナージ不良により、下肢の循環障害が出現する可能性がある

目標:患肢の安静が守れ、症状の変化が正しく報告できる

OーP(関節)

1 創痛

2 出血、ガーゼ汚染:SBバッグ内の出血量

3 創状態、発赤、腫脹、熱感

4 患肢の循環傷害:腫脹、浮腫、皮膚色、冷感

5 患肢の神経障害:足趾・足関節の動き、しびれ

TーP(実施)

1 SBバッグの管理  a自己血回収装置使用時は、ヘパリン生食の量を計算  b SBバッグの陰圧保持  cミルキングローラでミルキング

2 肢位の調整  a股関節の場合  b膝関節の場合

3 出血、腫脹、疼痛出現時、医師に報告

4 足趾・足関節の底背屈不良時、医師に報告

5 ガーゼ交換介助  a毎日交換  bマスク着用

6 医師の指示により鎮痛剤の使用

7 血栓性静脈炎出現時、医師の指示により実施  a血栓溶解剤使用  b患肢の安静挙上  c弾性ストッキング

EーP(教育)

1 創痛の増強、

2 患肢の安静  a良肢位の保持  b内転位、内旋位の禁止  cベッドアップは1時間以内とする

3 感染予防について指導  a不潔な手でガーゼに触れない  b排尿時ガーゼを尿で汚染しないように気を付ける  c包帯がずれた時は報告する

4 下肢の運動について指導する  a股関節の手術の場合:足関節の自動運動、等尺性の大腿四頭筋訓練:30回以上/一日  b膝関節の手術の場合:足関節の自動運動

5 腹式呼吸

#5股関節手術の場合、床上での患肢安静期間が長くADLの制限がある

目標:床上生活に慣れ制限がストレスとならないように援助が受けられる

OーP(関節)

1 股関節の安静:屈曲制限が守られているか

2 皮膚の圧迫症状:背部、臀部、カガト部  a疼痛  b掻痒感  c発赤  d発汗

3 ADL制限  a食事  b排泄  c清潔

4 精神状態

TーP(実施)

1 医師の指示により安静度を拡大

2 体位変換  a股関節の場合

3 ADLの介助  a食事  b排泄  c清潔

4 精神的援助  a家族の面会考慮  b訪室回数を多くし訴えを良く聴く

EーP(教育)

1 臥床安静の必要性について指導する

2 体位変換の方法について説明する

3 気分転換:雑誌、ラジオなどの娯楽を勧める

4 排便コントロールの必要性について指導する

スポンサーリンク

#6患側下肢の免荷の為、車椅子移動、松葉づえ歩行が不安定である

目標:臥床中に筋力トレーニングを行い、安定した移動ができる

OーP(関節)

1 上下肢の筋力低下

2 ROM

3 免荷歩行状態

4 リハビリテーションに対する意欲

5 ベッド周囲の環境

TーP(実施)

1 股関節の場合:ブーリーの設置、膝関節の場合:持続的関節他動運動装置の設置

2 安定した移動、歩行まで付き添い指導

3 ベッド周囲の整理整頓

EーP(教育)

1 関節拘縮予防訓練と筋力トレーニングの指導  a足関節の自動運動  b等尺性の大腿四頭筋訓練  c膝関節の場合は下肢挙上訓練

2 免荷歩行練習の指導

#7退院後も患側の下肢の負担を避けての生活が必要となる

目標:家族の協力を得、ADLの拡大に自信が持てる

OーP(関節)

1 ROM

2 荷重制限

3 ADL:特に移動動作、トイレ動作

4 家庭の生活様式

5 家族の協力度

TーP(実施)

1 医師、PT、家族との連絡調整

EーP(教育)

1 家族も含めて退院指導を行う

 a 感染防止に努める

 b 下肢の負担を避ける

 c 下肢のROM拡大、筋力トレーニングの継続

 d 家庭の生活様式の変更、改善を進める

 e 定期的な外来受診の必要性

参考資料:標準看護計画

タイトルとURLをコピーしました