切縫術を受ける患者の看護計画

切縫術を受ける患者の看護計画

スポンサーリンク

#1切縫術に関連する腫脹

目標:術後3日目より腫脹が軽減する

OーP(観察)

1 腫脹の程度と増減に有無

2 創周囲の皮膚色、光沢

3 創痛の有無、創痛の程度

4 出血の有無

TーP(実施)

1 ガーゼ汚染時、あるいは創痛痔医師に報告する

2 鎮痛剤の使用(医師による)

EーP(教育)

1 創痛増強時はナースコールするよう指導する

#2切縫術に関連する床上安静の為、排尿困難を起こす恐れがある

目標:床上安静の間、便尿器を使って排泄できる

OーP(観察)

1 排尿便回数、性状

2 1回排尿量

3 水分摂取量、点滴量

4 腹部膨満の有無

5 腹痛の有無

TーP(実施)

1 排泄時の環境整備:カーテン及び窓の開閉、テイッシュペーパー、手拭きの用意

2 便尿器更新

3 女性は陰部洗浄:1日1回

4 床上安静の期間が長期にわたる場合、排便コントロール

#3退院後創処置に対する不安がある

目標:創処置の必要性が理解でき正しく創処置ができる

OーP(観察)

1 創処置に対する不安の有無

2 ADL制限の有無

3 ADL制限に対する理解

EーP(教育)

1 退院指導:パンフレット

参考資料:標準看護計画

タイトルとURLをコピーしました