喉頭全摘出術を受ける患者の看護計画

喉頭全摘出術を受ける患者の看護計画

スポンサーリンク

#1手術により発声法が変わることへの不安がある

目標:不安が軽減され手術を安心して受けることが出来る

OーP(観察)

1 嗄声、疼痛、血痰

2 呼吸状態

3 検査データ

4 患者の言動、行動

TーP(実施)

1 信頼関係をつくる

2 説明内容の統一

3 気管切開の為発声できないので筆談練習の説明をする

4  発声練習にて会話が可能な事の説明をする

EーP(教育)

1 術前オリエンテーションパンフレットを用いて説明する

2 気管切開前オリエンテーションパンフレットを用いて説明する

3 経管栄養のオリエンテーションパンフレットを用いて説明する

実践! 耳鼻咽喉科・頭頸部外科オフィスサージャリー
by カエレバ

#2手術後、嚥下による創の感染を防ぐため経管栄養を強いられる

目標:経口摂取可能となるまで栄養の確保ができる

OーP(観察)

1 腹部症状:吐気、嘔吐、腹痛、下痢、グル音、違和感

2 吃逆

3 胃チューブの状態

4 栄養状態

TーP(実施)

1 胃洗浄を行い胃内容物を確認してから注入を開始する

2 経管栄養は温度速度に注意して、嘔吐を防止する

3 胃チューブの固定は毎日確認する

4 体重測定

5 イルリガートルの交換

EーP(教育)

1 経管栄養の必要性の説明をする

2 注入時の留意点の説明をする

#3退院後、日常生活や社会生活に不安がある

目標:退院後も治療、訓練が継続され社会復帰ができる

EーP(教育)

1 発声訓練、指導について:患者会の紹介をする

2 感冒、肺炎の予防を指導する

3 気管切開口に水が流れ込まないように指導する(入浴時)

4 禁煙を指導する

5 加湿の続行(吸入器の購入、エプロンガーゼの使用)を説明する

6 カニューレを挿入している場合は取り扱いに注意するよう指導する

参考資料:標準看護計画

タイトルとURLをコピーしました