膵炎患者の看護計画

膵炎患者の看護計画

スポンサーリンク

#1急激な症状変化の為に生命危機の恐れがある

目標:ショックの予防と早期におけるショック徴候の把握ができる

OーP(観察)

1 バイタルサイン

2 症状:

a 意識状態、四肢冷感、チアノーゼ、腹痛、悪心、嘔吐、腹部膨満、黄疸など

3 インアウトバランス:

a 水分摂取量、食事摂取量、輸液量と尿量、下痢

b 胸水、腹水の有無、程度、皮膚の状態

4 空腹感、倦怠感、脱力感

5 検査データ

TーP(実施)

1 指示によって輸液を投与する

2 水分を補給する

3 医師の指示によって鎮痛薬を投与する

4 与薬による効果の確認を行う

5 十分な酸素吸入を行う

6 安楽な体位の工夫と保持を行う

7 保温やマッサージによる緊張緩和を行う

EーP(教育)

1 症状の観察の必要性を説明する

2    疼痛時に報告することの必要性を説明する

3 絶飲食や輸液の必要性を説明する

4 飲水量の測定の必要性と方法を説明する

5 畜尿の必要性と方法を説明する

#2疼痛の為に心身の安静が保てない

目標:疼痛の緩和を図ることが出来る

OーP(観察)

1 症状:

a 疼痛の部位、程度放散痛の有無、腹部膨満、嘔吐、腸蠕動音など

2 血圧、脈拍、呼吸数、発熱、発汗

3 表情、体位、睡眠状態

4 鎮痛薬の服用と痛みの変化

TーP(実施)

1 医師の指示により鎮痛薬の投与を行う

2 局所罨法を施行する

3 安楽な体位を工夫する

4 衣服や掛物による圧迫を除去する

5 ベッドからの転落を回避する

6 疼痛緩和時に休息が取れるような工夫をする

EーP(教育)

1 筋肉の緊張緩和方法をつてsる

2 疼痛の持続時間を掴み、休息が図れるように時間活用について説明する

3 気分転換の効果についての説明を行う

4 治療計画に関する情報の提供を行う

5 疼痛を不必要に我慢しないように説明する

#3栄養低下の為に二次感染の恐れがある

目標:身体や口腔の清潔が保たれる。栄養状態、電解質バランスが保たれる

OーP(観察)

1 バイタルサイン

2 発熱、発汗、皮膚の性状

3 悪心、嘔吐、腹痛、空腹感、倦怠感

4 腹痛、排便の回数・性状、尿量、飲水量、口渇

5 検査データの把握

TーP(実施)

1 医師の指示により輸液抗生物質などの投与を行う

2 悪寒時は保温、発熱時はクーリングな実施を行う

3 清拭、更衣を実施する

4 口腔、肛門、陰部などの清潔を保持する

5 安楽な体位を工夫する

6 鎮痛薬、解熱薬の効果的な使用法について支援する

7 インアウトバランスを保持する

8 IVHによる高カロリー輸液時は滴下速度の調整を図る

EーP(教育)

1 絶飲食や食事療法の必要性を説明する

2 発熱時の症状と対処方法を説明する

3 高血糖の徴候、症状について説明する

4 身体の清潔の必要性を説明する

 #4生活調整が図れず、再発再燃の恐れがある

目標:禁酒、食事療法、服薬を守ることが出来る

OーP(観察)

1 腰痛の有無

2 食欲

3 便の性状

4 全身倦怠感、疲労感

5 検査データの変化

6 合併症の有無

7 内服の確認

TーP(実施)

1 ライフスタイルに応じた方法を探っていけるような援助をする

2 社会的資源などの情報を提供する

EーP(教育)

1 発作と食事摂取、アルコールとの関係を説明する

2 禁酒指導を行う

3 栄養指導を行う

4 再発再燃、合併症を示唆する症状の説明と定期受診の必要性を説明する

5 家族を含めて継続治療の必要性と治療計画の説明を行う

参考資料:疾患と看護過程

タイトルとURLをコピーしました